SEO・アフィリエイト

Googleアナリティクスの基本の設定を紹介

その正しい理解をするには現状を認識して間違っているところは修正していかなければなりません。ブログにおいて羅針盤となるのがGoogoleアナリティクスです。

導入しているけど使いこなしていない方も多いと思います。正しい道に進むために十分に活用しましょう。

 

こんな方におすすめ

  • Googleアナリティクスを使ってどのように分析したらいいか知りたい
  • ブログを運用してきたけどなかなか成果が出ない

 

Googleアナリティクスとは?

 

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。基本的には無料で利用することができます。GAと略されて呼ばれることが多いです。

Googleアナリティクスを使うと下記のようなことが分析できます。

 

ココに注意

・どれくらいのユーザーがサイトを見ているか
・どのページでユーザーが離脱したのか
・どんなユーザーが訪問しているのか(性別、年代、地域など)
・どこから流入したのか

 

最初に設定しておいた方がいいもの

 

Googleアナリティクスでアクセス解析する際、適切なデータを集める必要があります。

 

そのためにはGoogleアナリティクスを導入したら下記の3つを設定しておきましょう。

 

 

・自分のデータを送信しないようにする
・プレビュー画面を除外する
・データ保持期間を変更する

 

 

自分のデータを送信しないようにする

 

Googleアナリティクスに自分のデータを送信しないようにします。

 

 

この拡張機能を有効にすると、自分のサイトを自分で見たとしてもアクセスデータをGoogleアナリティクスに送信しませんので、より正確なデータに近づけることができます。

 

 

プレビュー画面を除外する

 

WordPressではプレビューした際、/?p=xxx&preview=trueのようなパラメータがURLに付きます。

 

 

何も設定しないとGoogleアナリティクスのレポートにこのパラメータが付いたURLが表示されてしまいます。

 

 

ユーザーがアクセスしたページではなく管理者がアクセスしたページなので解析には必要ありません。プレビュー時のURLをレポートから除外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GAの管理画面で管理をクリックします

 

 

下記の設定をして保存ボタンを押します。

1.フィルタ名:プレビューページ除外
2.フィルタの種類:カスタム
3.除外
4.フィルタフィールド:リクエストURI
5.フィルタパターン:/?preview=true

 

 

データ保持期間を変更する

 

Googleアナリティクスは、欧州の「一般データ保護規則」(GDPR)というデータ保護法に準拠するために、データ保持期間をサイト管理者自身で決めることができるようにしました。

 

 

このデータ保持期間はデフォルトで「26ヶ月間」に設定されています。

 

 

ブログを長期間運用した際に2年分しかデータが使用できないのは損失です。立ち上げからどのような推移で数値が上昇したかを解析するためには期限切れにならないようにします。

 

 

もし別のブログを作る際にもデータは参考になります。

 

 

データ保持期間はGAの管理画面から変更することができます。管理をクリックします。

 

 

 

 

1.プロパティ内にあるトラッキング情報をクリックします
2.データ保持をクリックします
3.ユーザーデータとイベントデータの保持:自動的に期限切れにならない
4.保存ボタンをクリックします

 

これで完了!!

マイナビ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ムロ

サイト管理人のムロです。 【趣味のブログがいつの間にかお金を稼いでくれた】月間5万PV達成 ➡️8ヶ月でブログ収益は月20万円 ➡️ 本業と副業で年収は1000万超え➡️ブログでは、SEO・アフィリエイト・動画配信・AFFINGER・転職について書いています

-SEO・アフィリエイト

© 2020 MURO BLOG Powered by AFFINGER5