SEO・アフィリエイト

ブログアフィリエイト記事の書き方を解説!【これ読めば収益化ができる】

悩んでる人
アフィリエイトブログの書き方がわかりません、どうすれば売り上げの上がる記事が書けるようになるんでしょうか

 

今回はこんなお悩みに答えていきます。

 

この記事を書いている人はこんな人

ムロです。ブログを始めて1年(2019年6月)ぐらいで、4つのブログを運営しています。

7ヶ月で収益化しました最高月収は17万で、アベレージは12〜14万ぐらいです。

PVは大体3万PVぐらいですね。ツイッターは(@hittky1114)

ブログアフィリエイト記事の書き方

①:SEOキーワードを選定する
②:テンプレートに沿って執筆
③:セールスライティング

 

①:SEOキーワードを選定する

 

ブログアフィリエイト記事を書くときに、1番大切なのはSEOキーワード選定です。

 

Googleで検索→検索結果から記事をクリック→記事を読む→アフィリエイト広告をクリック」という流れで、アフィリエイト収益が発生するからです。

 

基本的なアフィリエイトの書き方としては、

  • Google検索で上位を取るためのSEOライティング
  • 記事内でアフィリエイト商品を売るためのセールスライティング

この二つを学ぶことが重要

 

上記の注意点としては、1つのキーワードに対して1記事を作成することです。

ブログ  アフィリエイト  書き方」というSEOキーワードで検索意図をくんでいます。

ブログを書く前に、まずはSEOキーワードを意識しましょう。

競合性の高いSEOキーワードを狙うのは難しい?

結論、ロングテールキーワードを積み上げていけばOKです。

例えば、「プログラミングスクール」というSEOキーワードを狙うなら、以下のように記事を投下していくべきですね。

プログラミングスクール

↑ 内部リンク

「プログラミングスクール おすすめ」
「プログラミングスクール 口コミ」
「プログラミングスクール 料金」

下の3つがロングテールキーワードになります。

ロングテールキーワードに対して1本ずつ記事を作成して、「プログラミングスクール」の記事に内部リンクを貼っていくだけです。地道ですが、これを繰り返すことで「プログラミングスクール」のSEOが強くなっていきます。

アフィリエイト記事の書き方に話を戻すと、まずはSEOキーワードを選定しましょう。

 

②:テンプレートに沿って執筆

ブログアフィリエイト記事のライティングには、センスは不要です。

下記のテンプレート当てはめて、記事が完成します。
記事テンプレを作って、そこからコピペして記事を書くときに使っています。

 

記事構成テンプレートポイント

①:読者の悩みを明確にする
②:悩みの解決策を提示する
③:解決策の根拠を説明する
④:記事をマネタイズする

 

こんな感じです。

ここでは、実際に本記事を執筆したときに使用したテンプレートを見本として公開します。キーワードやジャンルが変わっても、基本的にこのフォーマットで対応可能です。

本文はどんな風にライティングすればいいの?

こちらもテンプレートを使えばOKです。
下記のテンプレートを繰り返すことで、クオリティの高い記事を執筆することができますよ。

 

記事テンプレートポイント

①:結論
②:理由を説明
③:具体例で解説
④:結論

 

こんな感じですね。

 

上記のテンプレは、PREP法とも呼ばれており、論理的な文章構成をするために役立ちます。

それでは、具体例として本記事の内容について見てみましょう。

 

商品レビューやコンバージョンにつながる記事は、読み手が納得できる根拠を提示できないと商品を購入してくれません。

また、「このテンプレを使うと文字数が少なくなる」という方は、「③:具体例」を膨らませてあげることで記事のボリュームを調整できるはずです。

例えば、具体例を2つか3つ上げることで、ボリュームを確保しつつ、わかりやすい説明ができたりします。

繰り返しになりますが、記事構成・記事ライティングにはテンプレートを使用しましょう。

 

③:セールスライティング

 

ブログで稼げるかは、セールスライティング(マネタイズ)で命運が決まります。

 

ブログアフィリエイト記事で売上UPするために、最適なASP案件を紹介しましょう。どれだけ素晴らしい記事を書いても、マネタイズできないとアフィリエイト収入を得ることはできません

 

 

ちなみに、アフィリエイト案件の選び方がわからない方は、競合記事や上位サイトで紹介しているアフィリエイト商品を参考にするといいですよ。
ぶっちゃけ、紹介するASP案件で差別化は難しいので、似たような商品紹介をすることになります。

アフィリエイト商品の見分け方は、商品リンクにa8.net、バリューコマース 、afbのアフィリエイトリンクが挿入されているので、URLをチェックすればわかります。

ほとんどのアフィリエイトサイトが、同じ商品を紹介することになるため、記事の切り口や商品紹介の上手さが売り上げの差分を生み出します。
その、差分を生み出すセールスライティングという技術を少しだけ、ご紹介していきます。

セールスライティングのコツ

セールスライティングとは、文章だけで商品を売る、魔法のようなテクニックです。

ずばり、セールスライティングのコツは3つあります。

ポイント

  • 読者の心を動かす論理展開
  • 読者が購入しない理由を消す
  • 読者に安心感を感じてもらう

 

上記の3つを上手に使うことで、文章で商品を売ることができるようになります。

 

ポイントは、読者はどんな人で、どんなことを求めているのか、どこに悩みを抱えているのかしっかりと理解することです。
また、情報を伝える側の信頼性をどのように担保すればいいかも、しっかりと考えておくのが大切ですね。

ASP案件を選ぶときに重視すべきことは?

結論、ブランド力です。

理由としては「ブランド力がある=購入ハードルが低い」から。アフィリエイトのコツは、読み手が商品購入するハードルを下げたり、背中を押してあげることなので、ブランド力があると成約しやすいです。

商品名にブランド力があるASP案件を紹介することで、読み手の購入ハードルが下がります。

 

ライティングを学ぶためのおすすめ本3冊

 

すすめのライティング学習本3冊

その①:『新しい文章力の教室』
その②:『沈黙のWebライティング』
その③:『セールスライティング・ハンドブック』

ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」の編集長による文章教室です。本書を読むと、文章を分解して考えられるようになりライティング力が’爆あがりします。


本書で学べること

・文章を構造的に書く技術
・誰が読んでも読みやすい文章力
・編集者級のライティング基礎

「文章を書くという行為を基礎から学びたい」というあなたにぴったりの1冊です。

 

『沈黙のWebライティング』

 


 

京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」の代表が執筆しています。具体的な実例を元にWEBライティングの真髄が解説されている、教科書といえる本ですね。

本書で学べること

・WEBライティング全般
・検索意図に答えるライティング方法
・SEOキーワードを意識して書く技術

文章の基礎がOKな人は、この本でSEOを意識したWEBライティングを学ぶのがおすすめです。
マンガのようにキャラクターが登場し、ストーリー形式で展開していくので読み物としても面白いですよ。

『セールスライティング・ハンドブック』

 


広告コピーの書き方からメルマガの書き方まで、物を売る技術としてのセールスライティングの技術が詰め込まれた1冊です。

本書で学べること

・文章で商品を売る技術
・読者の興味関心を喚起する方法
・タイトルのコピーのつけ方

アフィリエイト記事で必須となる、セールスライティングを学ぶことができますよ。

まとめ:売上UPする書き方をマスターしよう!

 

 

今回は、収益を上げるアフィリエイト記事の書き方をご紹介してきました。

内容をまとめると以下です。

アフィリエイト記事の書き方ポイント

①:SEOキーワードを選定する
②:テンプレートに沿って執筆
③:セールスライティング

記事構成テンプレートポイント

①:読者の悩みを明確にする
②:悩みの解決策を提示する
③:解決策の根拠を説明する
④:記事をマネタイズする

ライティングテンプレートポイント

①:結論
②:理由を説明
③:具体例で解説
④:結論

 

ブログアフィリエイトは、書き方のコツをつかめば努力次第で商品を売れるようになります。実際に、僕も上記の方法を意識して、ブログ8ヶ月目に月13万円を稼げました。

 

スポンサードリンク







-SEO・アフィリエイト

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.