SEO・アフィリエイト

【SEO対策】これだけ押さえよう50の方法|2020年最新版

 

悩む男性
SEO対策って何かな?ブログを運営していてしなきゃ行けないの?

 

こんな悩みにお答えします。

 

この記事を書いている人はこんな人

ムロです。ブログを始めて1年(2019年6月)ぐらいで、4つのブログを運営しています。

7ヶ月で収益化しました最高月収は17万で、アベレージは12〜14万ぐらいです。

PVは大体3万PVぐらいですね。ツイッターは(@hittky1114)

 

 

ムロ
SEO対策について初心者でもできるSEO対策の方法を、50に分けて説明。SEO対策会社に頼らずとも、高くて難しいSEOの本を買わなくても、これを読めばSEO(検索エンジン最適化)の基本はバッチリ理解できます!

 

 

サイト集客をする上で絶対に外せないのが、SEO対策です。

 

では、SEO対策とはどのようなのもなのか!?

 

悩む男性
『なんか難しそうだな・・・』SEO対策しなくてもブログで良い記事を書けばユーザーが見てくれるんじゃないの?

 

 

ムロ
ダメーーーーー!! もちろん良い記事を書くのは当たり前だがそれだけでは多くのユーザーに記事を見てもらうことはできないぞ!!  

 

こんな方におすすめ

  • 今PVが上がっていないサイトで悩んでいる人!
  • アフィリエイトで集客と収益が上がっていない人!
  • SEO対策がわからない人

 

 

 

この記事を読めばしっつかりとSEO対策が分かります。

 

SEO対策をしっかりとしていればブログへのアクセスは24時間ずっとあります。それぐらい、今とSEO対策をした後だと違うということ!

 

ムロ
50個のカテゴリーの✅が項目のまとめになっているのでそこだけを読めばOKです!!

最新版のSEO対策なので今から使える情報です

 

 

もくじだよ

Googleを攻略するキーワードを理解するためのSEO対策

 

キーワードはgoogleやyahooなどの検索サイトから検索する言葉になります。

 

SEO対策ので1番重要なのがキーワードです、ここからあなたのサイトに訪問してきます

 

SEO対策#1 キーワードを考える

 

SEOキーワード

どのようなキーワードで自分のサイトが検索されたいのか

新しくWebサイトやブログを開設する際、または記事を書く際、

キーワード(検索結果に上位表示させたい語句)を意識することは、

SEO対策においてもっとも重要な方法です。

では、どうするかは、、、

検索される、検索に使われるキーワードが記事内に含まれている。

✅消費者や読者がどんなキーワードを使って検索するか

✅読者がどんな情報(コンテンツ)を求めているか

✅そのキーワードをどのようにサイトに使うか

 

 

SEO対策#2 キーワードとテーマの関連性はあっているか

 

キーワードをサイト内にばらまくだけではSEO対策にはなりません。

対策するキーワードと記事の内容やテーマがキーワードにあっているか、ここが違っていると

検索エンジン( Google)からは評価を得れません

✅キーワードが書かれている記事の文章とつじつまがあっているか

✅サイトのページ内容とキーワードが関連性を持っているか

 

SEO対策#3 キーワードを乱用するのはNG

 

✅キーワードはタイトル・見出し・本文内に自然な形で含めるようにしましょう

 

キーワードの詰め込みすぎも注意!

検索エンジンからこのサイトはスパムだと勘違いされることになります。

ではどのように、ですが

テーマとキーワードを入れた文章を記事にするわけですが、いかにもキーワードを中心にするよりも

いかに、自然なかたちで記事に入れるかを考えましょう

 

SEO対策#4 キーワードの表現バリエーションを変える

検索エンジンはキーワードが1種類の語句だけで繰り返し使われるよりも、

さまざまなバリエーションと表現(同義語や言い換えを含む)で語られている記事を評価します

同じ言葉でも違う同意語で言い換える

そのほうが読者にも伝わりやすいですし、検索エンジンの評価も高まります。

例として、

携帯→iphone

本→書籍

PC→デスクトップ

など言い換えてキーワードを入れておけば読者も飽きはこないでしょう

 

SEO対策#5 キーワードの重複に注意

 

キーワードは同じでもサイトは違うとうことはよくあることなんですが

それなら、1つの記事にまとめた方がいいです

同じキーワードで記事を書いていても検索エンジンは1つの記事だと判断します!!

サイト内で同じテーマ・キーワードの場合は1つにする

もしくはSEO対策#4の同意語で違う記事を書くことをオススメします

 

SEO対策#6 ロングテールキーワードを狙う

SEOロングテール対策。ビッグワード、ミドルワード、スモールワードのそれぞれの特徴とは?

検索上位を狙うなら、1語で検索エンジンで検索される記事を書いてては他のサイトに勝つことはできません

上記の図の通り、競合が多いところで検索1位を狙うよりも

ロングテールキーワードである2〜3語でもキーワード検索で上位を狙うようにしコツコツとドメインパワーを上げていきましょう

 

SEO対策で、上位表示を狙うなら最初はロングテールキーワードでドメインパワーを上げてからビッグキーワードの記事を書こう

 

SEO対策にはタイトルが重要

タイトルは記事にとって読者が1番最初に目にする重要なポイントです

ここでは基本的にページタイトル、ブログでは記事タイトルといい重要な部分を解説します

SEO対策#7 タイトルはページ(記事)の顔だ!!

 

記事タイトルの中に、キーワードを入れることが重要だ!!

まさに、これです。

 

✅『記事タイトルの中にキーワードを入れる

これには、どんな意味があるかというと

GoogleでもYahooでも、検索者の意図を組むと調べたいキーワードを検索窓に入れて検索するわけなのですが

検索して出てきた検索にはタイトルが一覧に表示されています。

タイトル一覧を見て、どれが詳しく知りたい情報が載っているか迷うわけなんですよね。

ですから、キーワードをしっかり入れたタイトルにするということです

 

SEO対策#8 タイトルは35文字以内にする

記事タイトルはそのページを基本的に表すのもなので、しっかりと作りましょう

✅30〜35文字以内で記事タイトルを作りましょう

なぜなら、検索される文字数が35文字までなのだからです

参考

PCは30文字まで

スマホは35文字まで

 

SEO対策#9 タイトルの冒頭にキーワードを

キーワードを含めるのはもちろんですが、

✅なるべくタイトル内の冒頭にキーワードを入れるようにしてください

検索エンジンは記事タイトル内に含まれているワードを

順番に評価していくことで冒頭にあるワードほどSEO効果が高いため、

大切なワードは冒頭に入れておく必要があります

 

SEOでは良質コンテンツを作ることが重要だ!!

コンテンツとは、そのWebページにある内容・情報のことです。「中身」を表す言葉ですが、現在この語が登場する多くの文脈では「情報の中身」のことを表します。インターネットやデジタル放送などの電子媒体を通じてやり取りされる、映画・音楽・番組・ゲームなどの情報やサービスのことをさすわけです。

たとえばブログであれば、その記事自体がコンテンツです

 

SEO対策#10 良質なコンテンツ

 

Googleが常に求めていることは、ユーザー(読者)にとって良質なコンテンツを求めていることです。

良質なコンテンツって!?

どんなに美しくお洒落なデザインにしても、どんなに時間をかけてサイト設計をしても、

コンテンツ(記事の内容)の質が悪ければ、まったくSEO対策にはなりません。

 

しかしそもそも“良質なコンテンツ”とは何でしょうか?

 

Google関係者の過去の発言や直近のアップデート内容から推測すると、こんなのかな

✅まとめの11項目

良質なコンテンツのポイント

① ユーザーの役に立つもの

② 検索者の問題を解決するもの

③ 信頼・信用できる正しい情報

④ 記事を書いた人が信用できる

⑤ 専門知識のある情報

⑥ わかりやすく丁寧に解説してある

⑦ 具体的で明確な結論がある

⑧ 探している情報にどんぴしゃで行き着く

⑨ 情報が新鮮で常に新しく更新されている

➉ オリジナリティーがある情報である

⑪ 他のSNSやサイトからの参照やリンクが貼られいる

 

以上の11項目がしっかりとしてあれば良なコンテンツ(ブログ)と言ってもいいかなと

 

SEO対策#11 ユーザーの悩み・問題を解決する

 

検索にくるユーザーのほとんどが、悩みや問題ウィ解決するために検索窓でキーワードを探しにきます

✅悩み・問題 → 解決

これがユーザーとニーズの関係です。

良質なコンテンツとはユーザーのニーズを解決できるコンテンツ

 

(SEO対策はGoogleへの攻略)

検索ユーザーが求めるコンテンツはユーザーが求める情報なので

ニーズ(悩み・問題・欲求)を解決すると考えるといいでしょうね。

 

そして、記事を書く上でこんなことを意識しましょう

 

記事を書く前に!!

  • どんな人が・・・
  • どんな目的で・・・
  • どんなキーワードで検索するか・・・

これを常に意識していけば、解決したい悩み・問題がわかってくるということ

なたがSEO対策で高い集客効果を得たいのであれば、

まずはユーザーのニーズを満たし、ユーザーをHAPPYにするようなページを作ることに注力しましょう。

これはもうSEO対策の大前提・基本方法として覚えておいてください。

 

SEO対策#12 EーAーTを高める

✅EーAーTとは!?

 

Expertise  (専門性)

Authoritavenese (権威性)

Trustwortiness (信頼性)

 

✅専門性・権威性・信頼性が記事やブログに必要だということ

 

具体的には・・・?

ポイント

  • 筆者(あなたは)はどんな人か
  • その分野に専門的な知識のあるスペシャリストか
  • ネットやSNSde『この分野ならこの人』かと言われてるか
  • 信頼・信憑性・経験はあるか
  • ユーザーに役立つか、他サイトからリンクはあるか

最新のガイドラインでは「E-A-T」の記述が減り、

代わりに「Page Quality(ページ品質)」という言葉が多用されるようになりました。

ずれにせよ「専門性」「権威性」「信頼性」については、

引き続きとても重要な要素として考えておいた方がいいですね。

こんなとこ

 

SEO対策#13 オリジナリティーと差別化はでできているか

 

✅ユニーク(独自)な情報を発信して、他のサイトとの違いを明確に

 

たくさんの情報があふれていますよね、

そのなかで他のサイトと似たようなことを書いたとしてもユーザーの役には立ちません

 

なので、

具体的には。

ポイント

  • 人と違う目線で記事を書く
  • 実際に自分が体験してみる
  • とことん、深掘りしてみる
  • 正論にあえて否定してみる
  • 細かいところまで調べる

オリジナリティーの出し方は人それぞれですが、特化ブログの中でもこのもっと奥までなど突き詰めましょう

 

SEO対策#14 上位表示に必要な文字数

SEO対策に文字数は関連性はあるのか?

実際のところ、検索上位ベスト5位まで調べた結果

こんなことが

メモ

✅文字数が多いとSEOに有利に検索エンジンから検索される

✅検索上位の記事の文字数は8000文字以上が多い

 

このことから、やはり✅専門性・信頼性を高める記事となると必然的に文字数も多くなることなんですね。

もちろん、全てがコピーだっつたりしたら検索から外れてまいまいますからね!

 

SEO対策#15 見出しの使い方

タイトルにキーワードを入れるということは先に説明しましたが

検索エンジンに見てもらうためには、見出しにもキーワードを入れることです。

見出しとは
新聞・雑誌の記事の標題など、それを一目見てそこの内容が分かるようにしたもの。
項目として示したもの。

話題ごとに見出しを作り、見出しタグの中にキーワードを入れる

 

SEO対策#16 記事の構成は結論を先に書く

どんなキーワードで、誰に向けて、解決策はこれだと

こんな記事構成があらかた決まってくると

本記事を書きますが、SEO対策では

結論を先に書きます

これには理由があり、読者は早く検索した結果を知りたいからです。

結果・結論が分かりづらいのは問題外ですが、ダラダラと話をしていると記事から離脱されてしまったりこの記事は有益な情報がないと判断されてしまいます。

SEO的にも検索エンジンから除外されてしまいますね

では、どんな構成がいいかというと

step
1
問題の結論を書く

step
2
結論の理由 

step
3
その問題や結論の体験談

step
4
再度結論に戻り、その根拠で解決

長文になりすぎないように、見出しを使い読者に飽きさせないように、記事を書く構成を考える

 

SEO対策#17 コピー、パクリは厳禁

✅検索エンジンにすでに登録(インデックス)されているコンテンツと同じよく似たコンテンツ(つまり重複コンテンツ)と判断された場合、インデックスから削除され検索結果に表示されない可能性があります。

インターネット上に同じような情報が複数存在することに意味はないですよね。

 

Googleは積極的に重複コンテンツを排除しているのです。

 

SEO対策#18 YMYLはできるだけ避ける

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、Googleの検索品質評価ガイドライン内で「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている用語です。

Googleより引用

✅このような分野

金融・資産:通販・決済・銀行・投資・税金・保険・不動産など
健康・医療:健康・医療・医薬品・病気・メンタル・栄養など
法律・公的:法解釈・離婚・遺書・相続・役所・災害・福祉など

 

SEO対策#19 新鮮・新しい情報を常に更新

情報は常に新しくなります。

ですから、3ヶ月前に書いた記事でも、その後新しい情報が更新されているかもしれませんよね

ですから、常に新しい情報に書いた記事を更新しなくては検索エンジンから除外されるということです

更新頻度も大事ですが、重要なのは全体を古い情報から書き換えすること

 

SEO対策#20 アフィリエイトの多い記事は見てくれない

 

ブログをする理由は、収益をあげたいからなのは十分理解できます。

ですが、まずはユーザーにブログを見てもらうこと、問題を解決することが重要で

アフィリエイトを紹介しても、ユーザーの悩みや問題は解決しません

アフィリエイトの多い記事は、本題に入る前に読者に離脱されます

 

SEO対策#21 解析ツールの活用

SEO対策に活用できるツールはたくさんあります。

Google Analytics」(グーグルアナリティクス)や

Google Search Console」(サーチコンソール)との連携は基本中の基本ですが、

他にも下記のようなツールが存在します。

パワーランクチェックツール  自サイトや競合サイトの「パワーランク」を調査できる無料

関連キーワード取得ツール  サジェストワードを調査できる無料

他にはこんな感じ

Ubersuggest (ウーバーサジェスト) キーワードの検索ボリュームを調査できる 無料
Ahrefs (エイチレフス) 自サイトや競合サイトのアクセス解析ができる 有料
SEOチェキ! SEO対策の状態を簡易的にチェックできる 無料
SimilarWeb(シミラーウェブ) 競合サイトを分析できる 無料

 

SEO対策#22 リンク切れ・誤字・脱字はNG

記事を公開する前に、再度記事にリンク切れや誤字・脱字がないかを確認してから公開しましょう

 

ユーザー目線から、不快な思いをさせたくないのならば公開前に、公開した後でも綺麗な記事を公開しましょう

 

SEO対策#23 強調するツールを活用する

読者に分かりやすいように、読みやすいようにコンテンツ(記事)を作成する

 

ここは確実に伝えたいよ!

ここ重要だよ!

などは文字を大きくしたり、ラインを引くなどの強調が必要です

 

SEO対策に強いブランディング

 

ランディングとは、

ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。

 

これからのネット・SNSでブランディングはかなり重要になってきます。

名前で、あのサイトね!ぐらいの認知度があれば、正直SEOなんて必要ないのですから、ただこの記事はSEOでブランディングの価値を上げるための記事なので

 

SEO対策#24 名前で検索されることをする

 

自分自身をブランド化するということです

 

『ブログ名』『個人名・ペンネーム』をブランド化すること。

 

もちろん、立ち上げたばかりのブログや名前なんかに誰も価値観やブランドはありません。

 

 

これはコツコツと読者に有益な情報を提供していきブランド化することでブランディングSEOが出来上がるのです

 

ブランド化するメリット

検索競争から左右されない

検索エンジンの順位変動に左右されない

ブログに来てくれる常連客ができる

 

ググーるのアップデートが3・4ヶ月に1度行われますが、順位変動もあります。

 

これに左右されないというのはかなりの強みになります。

 

 

具体的には・・・

ポイント

  • 覚えやすく、馴染みのある名前・ブログ名
  • 特定の専門分野を強みにする
  • SNS・YouTubeなどで露出する

こんな感じかな

 

SEO対策#25 サイテーションを増やす

 

 

サイテーションって聞いてもわからないですよね?僕自身もピンとこなかったんですが

 

要は、『引用』『言及』を増やすということです。

 

自分のサイトが話題に上がる→バズる

 

google砲、yahooニュース、被リンク、芸能人からオススメなどで有名になるということ

 

これも、良質なコンテンツがあるからこそなんですね!!

 

 

SEO対策#26 SNSを活用

 

簡単にブランディングするならSNSは外せません

 

に、Twitter、Line、Facebookを利用することです。

 

Twitter、Line、Facebookで認知度を上げブログに来てもらうこと

 

 

 

合わせて読みたい
Twitterの裏技、フォロワーを増やす7つの方法【1ヵ月で1600人達成】

    悩む男性フォロワーさんが全然増えない…Twitterのやり方を勉強したい...Twitter運用って何....  今回はこうしたお悩みを解決していきます。   & ...

続きを見る

 

 

SEO対策#27 動画配信 YouTubeをブログと掛け合わせる

 

SNSより爆発的な効果を上げるとするなら今はYouTubeしかありませんね

10代20代30代40代と必ず、YouTubeを見ます。

ブログを作ってYouTubeも作り掛け合わせることも必要なのかなと

 

SEO対策が上手く稼働しているか調べるにはツール連携をする

 

SEO対策に役立つ基本的なツールを紹介します。

 

SEO対策#28 サーチコンソールと連携

 

Google サーチコンソールは、GoogleアナリティクスなどGoogleが提供する他のサービスやツールと簡単に連携できるのが魅力です。また、内部診断やキーワードのアクセス状況などを総合的に確認でます。

✅SEO対策の状態や検索流入の状態、監視と管理ができます

SEO対策を行なうなら必ず利用しておきたい、超基本的なSEOツールです。

 

SEO対策#29 アナリティクスと連携

 

Google Analytics」(グーグル アナリティクス)は、Googole公式のアクセス解析ツール(無料)です。

これは、自分のブログにアクセスした解析ができます

✅様々なアクセス解析

参考

  • PV数、UU数、セッション数
  • 直帰率、滞在時間
  • ユーザー属性の解析・分析
  • 集客経路の分析
  • ユーザーの行動分析

こんなことがわかるので、今後のブログ運営に役立ちますし自分のブログがどのように評価されているのか分かります。

 

画像を使いSEO対策や流入を増やす

 

テキストで読者に理解してもらうよりも、目からの情報は8割多いという研究結果のあるとおり

 

画像をブログ、記事に貼り読者に分かりやすいように工夫をすることはSEOに大きな影響があります

 

SEO対策#30 画像は重要なコンテンツ

 

キスト(文章・文字)→  1枚の画像の情報量は6倍

✅文字・文章よりも画像や絵、イラストの方が記憶に残りやすくイメージもしやすい

 

SEO対策#31 画像に代替テキスト

 

画像での検索してもらうための方法として

✅画像には「alt属性」で「代替テキスト」を設定するようにしましょう。

 

画像をページに配置する際には、その画像のタイトルや、画像を表示できないときに代わりに表示する代替テキストを設定は、代替テキストはalt属性で設定します。

 

検索エンジンのクローラーは画像の内容を理解できないため、このalt属性の表記で“その画像が何を表しているのか”を判断するのです。

 

SEO対策#32 図解・グラフ・イラストを活用

 

テキストで説明するよりも、数値をグラフなどで説明する方が読者は考えてくれるということ

じっくり見てもらえるので、滞在時間も増える

図解・グラフ・イラストは、はるかに見やすい

 

SEO対策に有利である、リンクを学ぼう

 

リンクとは、記事の内容を捕捉したりより詳しく説明するものです。

しかし、自分の書いた記事から説明(記事)にしたり、外部からの記事で説明したりすることをリンクと言います

✅内部リンク(自分のブログから自分のブログへ記事を貼ること)

✅外部リンク(自分のブログに他人の記事を貼ること)

外部リンクが多いということは、威性が高いということ、門性が高いこと

SEO対策#33 被リンクは質×量

✅外部から『自分のサイトを貼られた』リンクのことを被リンクという

 

他のサイトから自分のサイトが貼られたことは→良質なサイトである→検索エンジンからの評価も高い。

 

全く関係のなさそうな、サイトから被リンクを受けてもサイトの評価は上がらない。

 

数も重要だが、良質なコンテンツである必要の方が大事である。

 

SEO 対策#34 ブログに内部リンクを自分で貼る

『内部リンク』で自分のサイトから自分のサイトへ

 

ここはこの記事がもっと詳しく説明してるんで!などの読者への説明をするためにめちゃ有利

そうすることによって、他の記事も読んでくれて滞在時間も増えます

ポイント

リンク元ページ内のリンク重要度

アンカーテキストの最適化(まとめサイト)

リンク元ページの内容と関連性

こんな感じ

SEO対策#35 発リンクは積極的に

発リンクは外部リンクを自分のサイトに貼りより専門性の高い記事にする

これには、理由があり読者(ユーザー)により専門性の高い記事を見てもらい問題や悩みを解決してもらうために情報の信頼性を持ってもらうから

他サイトを参考として紹介したり、他サイトのコンテンツの一部を引用して紹介する方法は、

ユーザーに有益な情報を提供することになり、情報の信頼性を高めることに繋がります。

つまり検索エンジンにも好意的に評価されることに繋がります。

 

発リンクの数が多すぎるとマイナス評価になることもありますが、

基本的にはユーザーのためになる発リンクは積極的に行うべきなのですね。

 

合わせて読みたい
ブログ記事をSNSで共有・拡散させる秘訣【ブログの集客】

ムロ どうも、ムロぽんです。 Twitterは(@hittky1114)です。 お気軽に遊びにきてください( ´ ▽ ` )     ブログの記事をTwitter・Facebook ...

続きを見る

 

ドメインは自分で取得することがSEO対策には有利

ドメインとは、ネット上の『住所』みたいなもの

ここのサイトでは https://hittky0823.net これが住所です(URL)

ドメインはhittky.netの部分となります。

 

SEO対策#36 独自ドメインを使おう

✅無料ブログのドメインより→独自ドメインを使いブログを作る

これは結構重要で、自分のサイトを作るときは必ず独自ドメインでブログを作りましょう

独自ドメインを使うメリット

    • 完全に自分のサイトになる
    • ブログを更新することでSEOが強くなる
    • 継続することで資産になる

SEO対策#37 ドメインの運用期間は長いほどSEOに良い

✅ドメイン年齢は長いほど良い

実際のところ、検索エンジンはドメインの運用期間を検索順位にな関係ないが

長くブログを運営をしている方が、良質なコンテンツや経験があるため運用期間が長い方が有利という意味

しかし、最近は中古ドメインがあるため長い期間運用してなくてもドメインの年齢が高いものもある

SEO対策#38 ドメイン・URLはシンプルに

✅できる限りドメインは短くシンプルに分かりやすくすること

検索されることも考えると、覚えやすくシンプルなものを考えテーマやジャンルに連想されそうなものを考える

テーマキーワードに関連性があるとGOOD

記事ごとのURL(パーマリンク)を設定する際は、

なるべく意味のある(できればキーワードに関連する)英数字で構成し、

長くなる場合はハイフンで区切っておきましょう。

 

SEO対策#39 ドメインパワーを調べる

✅ドメインパワーは数字で評価されます

まあ、これは自分のドメインパワーを確認することってこと

パワーランクチェックツール 

これで調べれるよ

サイト設計でSEO対策を攻略

 

ユーザーにサイトを見てもらうことにストレスがないように、見易さ、使いやすさを重視してサイトを設計することなんですね

これって、読者思いってことで!!

SEO対策#40 モバイルを活用する

モバイルの最適化を意識する

インターネットもかなり普及されて、7割以上がモバイルでネットを使う

なので、携帯電話やタブレットで見ても不快にならないような見易さをつくる!

SEO対策#41 XMLサイトマップを作る

✅XMLサイトマップとはサイトの構成を表す地図

All in One SEO Pack

google XML sitemap

などのプラグインで作れます。

ユーザーが今、記事を見ていてどこにいるのかを表すということ

SEO対策#42 カテゴリーはシンプルに

✅テーマカテゴリーはシンプルに分かりやすく3つぐらいがちょうど良い

カテゴリーをたくさん作っても、なんのブログなんだろうと疑問に思いますし、専門性が低くなるので3つぐらいがいいかな

 

SEO対策#43 階層構想はプラミッド型

✅トップページ

    ↪️カテゴリートップ

       ↪️各記事

       ↪️各記事

       ↪️各記事

下に下がるように3構造のピラミッド型にすることによってサイトマップがより分かりやすくなる

SEO対策#44 ページ速度の改善

 

ストレスフリーになるように、ユーザーに使いやすくしてもらうため更新速度を速くする

✅高速・高性能なレンタルサーバに切り替えたりすると良い

 

SEO対策#45 ナビゲーションシステム

✅ナビゲーションとは、メニューや内部リンクのユーザーがサイト内を自由に行き来しやすい環境にする

テキストリンクはgoogleのクローラーに発見もしやすくなる、画像に比べると

テキストリンクだとエア借りやすいかも

SEO対策#46 パンくずリストの設置

✅パンくずリストとは、ユーザーがサイト内のどの場所にいるのかを分かりやすく迷子にならないようにする

HOME>カテゴリー>記事

 

SEO対策#47 メタ情報

メタディスクリプション、メタキーワードは検索エンジンにそのページに書かれている内容の概要を伝える

✅その記事の簡単な内容とキーワードをシンプルに伝える

 

SEO対策#48 エラーに備える

サイトにエラーがあると検索順位に大きな影響があります

✅よく言われているのが8時間いないにエラーがあると検索順位に大きな悪影響があるのですぐに対処できるようにする

基本的に、ある程度の期間で更新をしていれば問題ない

また、なにか設定変更をする際にはかならずバックアップを取っておくなど、

まさかの事態に備えたリスク管理を徹底するようにしましょう。

 

記事を書く

ブログでは記事書くことで、SEO 対策ができます、書き方によってSEO対策ができます

SEO対策#49 ペルソナ設定

ペルソナを設定してから、記事を書く

参考

  • 誰に(詳しく、年齢、仕事、お金の流れ、家族、住む場所など)
  • どんなことが悩みか
  • 解決策はどんなことが考えられるか

自分が記事を書いて、それが解決するような記事なのかを考えて記事を書くことが良質なコンテンツになるよ

SEO対策#50 記事を継続して書く

 

継続すること

 

これしかないです、どんSEO対策を完璧にしたところで記事を書いていかないと読者は集まりません

 

結局、継続して記事を書いていかないといけないんですよね

 

SEO対策まとめ、、、50個やることの意味

 

SEO対策はサイト集客の“要”であり、

知識を得ることができればサイトの成功を大きく引き寄せる“武器”にもなります。

初心者の方は一度で理解することは難しいと思いますので、

必要に応じて何度も見直しをおこない、しっかりと理解を深めるようにしましょう。

マイナビ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ムロ

サイト管理人のムロです。 【趣味のブログがいつの間にかお金を稼いでくれた】月間5万PV達成 ➡️8ヶ月でブログ収益は月20万円 ➡️ 本業と副業で年収は1000万超え➡️ブログでは、SEO・アフィリエイト・動画配信・AFFINGER・転職について書いています

-SEO・アフィリエイト

© 2020 MURO BLOG Powered by AFFINGER5