AFFINGER 記事作成

AFFINGERで文章の漢字に「ふりがな(ルビ)」をふる機能を紹介

2022年1月11日

 

AFFINGERで書いたテキストに「ふりがな」をふる方法の紹介をします。

 

 

漢字だけでもいいですが、「ふりがな」をふるか迷うけど、ひらがなだと意味が伝わらないかも?と思うときにはAFFINGERだけの「ふりがな」を漢字の上に加えることができる機能です。

 

この「ふりがな」をふる機能はAFFINGERだけです。

 

 

AFFINGERでは、ふりがなをルビをいう?

 

AFFINGERだけではなく、通称はルビをふりがなといいます。

 

メモ

ルビ(英語: ruby)は、文章内の任意の文字に対しふりがなや説明、異なる読み方といった役割の文字をより小さな文字で、通常縦書きの際は文字の右側に、横書きの際は文字の上側に記されるものである。

 

 

『AFFINGERでブログの記事を更新する時は誤字脱字に気をつける』

 

 

『AFFINGERでブログの記事ふりがな更新ふりがなする時は誤字脱字ふりがなに気をつける』

 

 

 

 

『AFFINGERでブログの記事きじ更新こうしんする時は誤字脱字ごじだつじに気をつける』

 

 

AFFINGERの機能でふりがなをふるのですが、HTMLのテキストモードでふりがなをふるのですが、HTMLと聞くとなんだかわからないし難しそうというイメージだと思われますが・・・

 

めちゃくちゃかんたんです!!

 

ふりがなはHTMLを使う

<ruby><rt>ふりがな</rt></ruby><ruby><rt>ふりがな</rt></ruby>

これが、ふりがなのHTMLです。

 

ふりがなと書いてある部分の漢字にふりがなをつけます。

 

AFFINGERで、ふりがな、ルビをふるやり方の説明(画像付き)

 

step
1
まずは、文章を作る。

 

『AFFINGERでブログの記事を更新する時は誤字脱字に気をつける』

 

step
2
ふりがなをふりたい文字を選択する

 

文字を選択してから、タグ>>テキストパーツ>>HTML(カスタム)>>ルビ(ふりがな)

 

 

 

step
3
テキストモードでふりがなをふる

選択した文章にふりがな機能を使うのですが、テキストモードに切り替えてふりがな部分を変更します。

『AFFINGERでブログの記事を更新する時は誤字脱字ふりがなに気をつける』

『AFFINGERでブログの記事を更新する時は誤字脱字ごじだつじに気をつける』

 

 

 

完了です。

 

難しい漢字に「ふりがな」をふるのはもちろんですが、ひらがなばかりだと幼稚な文章になりますので3割漢字、7割ひらがながブログでは良いと言われています。

まとめ

 

ひらがなと漢字をバランスよよく、「ブログの文章は、小学生でも読めるように」なんてよく言われたりしますよね。

 

しかし、ひらがな・・・・だらけの文章にしてしまうのもNGです。

 

やはりひらがなと漢字は、バランスよく使わているほうが圧倒的に読みやすい文章になります。

ふりがなを上手く活用していきましょう。

 

広告1

広告2

-AFFINGER 記事作成
-, , ,

© 2022 MURO BLOG Powered by AFFINGER5