ブログ・Twitter

Webライティングで上手に書くコツは?事前準備・書き順・内容の作り方を解説!!

悩んでる人
 ブログを書くときに上手く記事を書けるコツはありますか?Webライティングについて詳しく知りたい。

 

今回はこんなお悩みに答えていきます。

 

この記事を書いている人はこんな人

ムロです。ブログを始めて1年(2019年6月)ぐらいで、4つのブログを運営しています。

7ヶ月で収益化しました最高月収は17万で、アベレージは12〜14万ぐらいです。

PVは大体3万PVぐらいですね。ツイッターは(@hittky1114)

 

 

Webライティングを向上させる書き方について、、記事本文を書くときに意識しておきたいポイントを解説していきます。

ポイントをおさえたライティング記事によって、基本的な書き方をチェックしていきましょう。

 

Webライティングは書き方のコツ

 

 

Webライティング記事には書籍や雑誌の記事と違った、書き方のポイントがあります。

Web広告などを使い、人を集めることもできますが、検索エンジンに評価してもらい、自然に読者が訪れて読んでくれることが理想です。つまり、「SEOを意識したライティング」が求められるのです。

書き方が難しいのではと感じるかもしれませんが、基本的なポイントをおさえれば、誰でもSEOをおさえたライティング記事を作成できます。

 

記事のライティング前に準備する3つのこと

 

記事の作成を始める際には、事前準備が重要です。

 

読者やクライアントに満足してもらえる記事を書くためには、準備を徹底しましょう。

 

記事の目的を確認する 

 

ライティングを開始する前に、まずは記事の目的を確認して、どのような内容を書くべきなのかをはっきりさせます。

 

「自社商品ページに誘導したい」「毎週連載のシリーズ記事にしたい」「企業ブランディングにつなげたい」など目的がわかっていれば、構成の作り方や文体、用意する事例などが見えてきます。最初に、目的を明確にし、記事内容の企画に入っていきましょう。

 

SEOキーワードを調査する 

 

Webに公開する記事を読者に読んでもらうためには、あらかじめ読者が検索するキーワードを想定しておきたいもの。

 

伝えたい記事の内容やコンテンツに合わせて、ターゲットが検索するであろうキーワードをリストアップしておくことが求められます。

 

Googleが提供しているキーワードプランナーやその他のツールを使うことで、幅広くキーワードの調査が可能です。検索エンジンからの集客準備を事前にしておきましょう。

 

 

ターゲット(ペルソナ)を確認する

 

記事のターゲットである読者を想定する「ペルソナ設定」も、ライティング前に準備しておきたい項目です。

 

読み手の年齢や職業、日々の生活スタイルなどを設定し、その人に向けて記事を書くようにすることで、より具体性のある記事制作が可能になります。

 

ターゲットに必要となる記事コンテンツを届けるためにも、ペルソナ設定は欠かさず行いましょう。

 

 

Webライティングの書き方には順番がある

 

 

Webライティング記事の書き方には、基本となる順番があります。

基礎的なライティング能力を高めることができます。各ステップをチェックしていきましょう。

 

ライティングに必要な情報をリサーチする 

 

ライティングに必要な情報をリサーチし、記事の根拠となる下地を作っていきます。

 

執筆を考えているテーマの参考となる情報源の確認や、想定している検索キーワードで上位に表示される記事をチェックするのがポイント。

 

ライバル記事の内容と重複を避けることにもつながるので、まずは検索上位に表示される記事を基準にして、リサーチを進めましょう。

 

タイトル・見出しなど全体の構成を作成する 

 

記事のタイトルや見出しなど構成を作成します。

 

ゴールを見据えて書き進めることで、当初の内容からのずれを避け、適切な文章を展開できると考え、見出しごとの文字数を想定し文章全体の文字数と各見出しのバランスが取れているか確認もし全体を通してユーザーが理解しやすい構成になっているかに気を配りましょう。

 

執筆に入る前に、企画構成(構成案)をクライアントや社内メンバーに確認してもらい、抜け漏れや展開に違和感がないか確認してもらって下さい。

 

リード(書き出し)を書く 

 

構成が完成した後は、記事の書き出しとなるリード文を作成します。

 

リード文は読者への挨拶であり、記事の紹介文でもあります。読者は自分が求めている内容がその後書かれているか、書き出しを読んで判断します。そのため、ペルソナである読者がどのようなシチュエーションにいるかを想像し、「こんな状況ではありませんか」と問いかけたり歩み寄りをしてください。共感ができる書き出しを用意し、続けて読んでもらえるように取り組んでみましょう。

まとめを書く 

 

本文の執筆に入る前に、先にまとめ部分を書いてしまうのも、Webライティングのコツです。

 

着地点を先に決めておくことで、執筆時のブレを最小限に抑えられるのがメリット。

読み終えたユーザーに「読んだ経験を活かしてどうして欲しいのか」を伝え、具体的なアクションに移れるようにしめくくると、読後感の向上が期待できます。

 

記事の本文をライティングする 

 

最後に、本文のライティングに進みます。

簡潔で分かりやすい文章を構成するPREP法(プレップ法)」はおすすめのライティング方法です。

 

Point(要点)

Reason(理由)

Example(具体例)

Point(要点)

 

でまとめるこの手法は、本文を整理してライティングする際に役立ちます。はじめに文章の結論を書き、続いてその理由と具体例を記載し、最終的にもう一度確認の意味を込めて結論に戻るという流れです。ライティング技法は、PREP方をはじめとしていくつかあるので、確認をしてみてください。

次の章では、どのように文章内容を用意するかについて細かく解説していきます。

 

記事本文のライティングで意識しておきたい3つのポイント

 

 

内容のある記事本文をライティングするために、チェックしておきたいポイントを解説します。

 

「読者が必要とするコンテンツを用意し満足してもらうこと」です。

 

充実した内容の記事となっているか、執筆後にも確認したいポイントですので、何度も確認しレベルアップにつなげてください。

 

 

1.分かりやすい言葉や表現を使ってライティングする 

 

読者への分かりやすさは、良いコンテンツに欠かせない要素です。

難解な言葉や表現はなるべく避けて目指すことがポイント。

「分かりやすい文章=読みやすい文章」でもあるため、気をつけながらライティングすることで、読者を記事の最後まで誘導していくことができます。

 

言葉選びと表現方法を重視し、小学生の高学年から中学生くらいの人でも理解できる文章を目指したいもの。

書き方に迷ったときは、その年代のユーザーを想定し、文章表現を考えてみましょう。

普段の生活で使われる言葉を選んだり、簡潔で長すぎない文章を作成したりすることもポイント例え話や具体例を提示することも、分かりやすい文章とするコツです。

また、画像や図表を使い、視覚的に説明することも有効な方法です

 

2.共感につながるシーンや具体例を読者に提示する 

 

執筆内容に対する根拠を細かく提示して信頼を得たり、悩みに対して共感していることを伝えたりすることで、読者との間に関係性を作ることができます。

 

自分の意見を押し付けたりといった記事は、読者に嫌われることがあります。 ライター自身の意見を書く場合は、実際に起きた「事例」を用い、情報のひとつとして提供する形を意識しましょう。

 

3.悩みや疑問を解決する記事内容を用意する

 

 

「この記事を読んでためになった」「また読みたいからブックマークしておこう」と思ってもらえる記事を書くことが、執筆におけるゴールと言えます。

 

ライティング記事で良好な読後感を与えるには、読者が抱えている悩みや疑問を解決し、とるべき行動を示すこが大切です。

 

 

読みやすい記事に整える校正のコツ 

 

記事のライティングが完了した後は、読みやすい形に整えるための校正を行う必要もあります。

 

誤字脱字がないか、前後で矛盾しているポイントはないか、最初に決めた方向からズレていないかなどを確認して、最終的な完成度を高めていきましょう。しかし、慣れないうちは「具体的にどこをどう修正したらいいのかわからない」という人もいるはずです。

 

 

書いた記事は声に出して読んでみる 

 

ライティング記事の校正に自信がないときは、執筆した記事を声に出して読み進めてみることがおすすめです。

 

実際に声に出してみると、文章のリズムやテンポが感覚的に理解しやすく、読み辛いフレーズや違和感のある箇所の発見につながります。 

 

文章の音読は、誤字脱字のチェックにも有効となります。どれだけ注意していてもケアレスミスは発生するので、文章を読みながら記事全体を添削し、細かな見落としがないか確認しておきましょう。

 

誤字脱字が多い記事は、それだけで信ぴょう性を疑われる原因になります。時間をかけたリサーチや執筆が無駄にならないように、書いた記事は一度声に出して読み、修正をするという流れで進めてみてください。

 

 

まとめ

 

Webライティングをするにあたって、「事前準備」「書き方の順番」「内容の作り方」を解説してきました。

 

Webライティングに取り組む人でも、これらのポイントをおさえながら、記事を書くことで読者の求める内容にアプローチしていくことができます。

 

継続的にライティングを行うことがレベルアップにつながります。Webライティング力を向上させて、自社のマーケティングに活かしたり、ライターとして独立したりと機会は広がるため、コツコツと取り組んでいきましょう。

 

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ムロ

サイト管理人のムロです。 【趣味のブログがいつの間にかお金を稼いでくれた】月間5万PV達成 ➡️8ヶ月でブログ収益は月20万円 ➡️ 本業と副業で年収は1000万超え➡️ブログでは、SEO・アフィリエイト・動画配信・AFFINGER・転職について書いています

人気記事一覧

1

ムロ  2020年最後の転職に向けて、一体どこのサイトで転職活動をしたら良いのか。どこの転職エージェントがいいのか教えて欲しい       こんな悩みにお答えしていきます。   こ ...

2

悩んでる人アフィリエイトで稼ぐコツが知りたい。いま、個人ブログを運営しているけど月1,000円未満です・・月5万円を目指したい。   こんなお悩みを解決します。 この記事を書いている人はこん ...

オリジナリティー 3

  ムロどうもこんにちは、ブログのオリジナリティって何なんですかね? Googleが求めていることは、オリジナリティコンテンツだ!! とありますが「オリジナリティ」「個性」「独自性」とはどこ ...

4

悩んでる人ブログの書き方がわかりません、どうすれば良い記事が書けるようになるんでしょうか   今回はこんなお悩みに答えていきます。   この記事を書いている人はこんな人 ムロです。 ...

-ブログ・Twitter

Copyright © MUROBLOG , All Rights Reserved.