ブログ・Twitter

Twitterのやり方に悩んだらこれをやってみる【見直すポイントは4つあります】

どうも、ムロぽんです。
Twitterは(@hittky1114)です。
今回は、「ツイッター運営のやり方に悩む…どうすればいいんだろう?」
 
そんな悩みを持つ人に、
Twitter運営に悩んだ時に、見直すべき4つのポイント
僕が日頃意識していることを公開していきます。
Twitterどうやって運営していこうか悩んでいる人は
以下の4つを見直す
①何者か(自分はどんな人なのか)
②目標(運営のゴールは何なのか)
③誰に(届ける人は誰なのか)
④何を(自分のコンテンツは何なのか)
これについて、詳しく説明していきます。

Twitter運営のやり方に悩んだら【見直すポイントは4つ】

①何者か(自分はどんな人なのか)
②目標(運営のゴールは何なのか)
③誰に(届ける人は誰なのか)
④何を(自分のコンテンツは何なのか)

 

①何者か(自分はどんな人なのか)

まず見直しで行うことは「自己分析」ですね。
自分の「強み・弱み」を自己分析によって確認していく流れです。
 
 自己分析で考えるのは下記の3つです

自分で「何をしたらいいか分からなくなってきた…」という人は、まずは自己分析をじっくりやるといいですよ。
「自己分析ってムズかしいんだよなぁ…」と思うかもですけど、まずは「何者か」を決める
コツはとにかく「見栄を張らない」ことですね。ありのままの姿で活動すると決めると、本当の自分が見えてきます。

②目標(運営のゴールは何なのか)

「ゴールの設定」
自分の目指すべき「運営のゴール」を明確にする感じでTwitter目標です。
ここは各自の目標でありゴールなので、ありのまま設定するのがいいですね。
ブログを書いている方であれば、Twitter運営のゴールは「ブログへの集客」がほとんどだと思いますが、それでいいと思います。
 
そういった感じで「自分のゴール」をちゃんと認識していることが大切だと思っています。

③誰に(届ける人は誰なのか)

そして次に行うと良いのが「ペルソナの設定」ですね。
要は「ターゲットの選定」です。
ブレない発信をするために、自分の情報を届けたい相手を絞るということですね。
 
 ターゲット選定の具体例がこちらです
・ブログの運営方法を発信 → ターゲットはブロガー
・筋トレの実践方法を発信 → プロフィールに「筋トレ」とある人
・節約、お得な情報を発信 → メインターゲットは30~50代
こんな感じでターゲットを明確にすることが大事です。

④何を(自分のコンテンツは何なのか)

そして最後に見直したいのが「コンテンツ設計」の部分ですね。
要は、自分の「発信する内容・ジャンル」を決めて設計する流れです。

ただ発信するテーマで悩んでいる人ほど、色んな要素を詰め込みすぎてることが本当に多い印象ですね。
 

プロフィールの例題です
ブログと朝活と筋トレを頑張るサラリーマンです。趣味はドライブ、温泉、読書、映画鑑賞、スポーツ観戦好き。

こんな感じですね。
 

Twitter運営を成功させるたった1つのポイントとは

Twitter運営を成功させるポイントは「継続的なコンテンツ発信」のみです。
 
 
なので、まずは継続して発信できる体制を整える
継続していれば、自然と「量」が積み上がっていくので、あとは日々のツイートを分析しながら改善を繰り返すでOKです。

マーケティングの理解があると設計しやすいです

運営のコンセプト決定や、自己分析は「マーケティング」の理解があると、よりコツが掴みやすいと思います。
 
 僕が意識しているマーケティングの「4P分析」がこちら
①Product(プロダクト:製品)「何を」
②Price(プライス:価格)「いくらで」
③Place(プレイス:流通)「どこで」
④Promotion(プロモーション:販売促進)「どのように」
まず「知る」ことから始まり、
次に「何を→いくらで→どこで→どのようにして」行うのかを整理して考えること。
 

*まとめ*Twitter運営のやり方4つのポイント

見直すポイントはこの4つ
①まずは「自己分析」をしっかり行う
②運営の「ゴール」を設定する
③次に「ペルソナ」を設定する
④最後に「コンテンツ」の設計を行う
 

スポンサードリンク







-ブログ・Twitter

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.