筋トレ

体幹トレーニングで鍛えるなら、この3つのトレーニングだけでいい

悩んでる人
体幹トレーニングって本当に効くの?

 

このような悩みを解決していきます。

 

この記事の信頼性

この記事の書いている僕は、筋トレ歴5年で83kg→72kgまで筋トレをしながらダイエットに成功しました。

-13kg達成‼️

 

 

ムロ
Twitter(@hittky1114)で発信しています

 

 

記事を先読みメリット

この記事の内容は

即効性のある朝夜の簡単ストレッチと、週末の体幹トレで凝りを撃退しよう! 今回は、週末の体幹トレーニング編。

 

 

このブログの読者はこんな悩み

筋トレの初心者の人

ダイエットを目的とした筋トレをしたい人

どんな筋トレをしていいかわからない人

 

体幹トレーニング編、20〜30秒キープで2〜3セット

キープ系種目でインナーの持久力を高める。

 

肩こり体質でも、あるいは腰痛持ちでも、共通して鍛えたいエリアがある。それは体幹。

体幹は、手足と首から上を除いた部分。肩こりも腰痛も、改めて考えると体幹のトラブルだ。

体幹で鍛えたいのは、体表のアウターマッスル(表層筋)ではなく、骨格に近い深部にあるインナーマッスル。

具体的には、呼吸に関わる横隔膜、腹筋群の奥を走る腹横筋、背骨同士をつなぐ多裂筋、骨盤の底を支える骨盤底筋群だ。

体幹のインナーが働くと胸郭の動きが良くなり、肩甲骨と肩関節が滑らかに協調。腕を肩甲骨からしなやかに使えるようになり、肩こり軽減につながる。

同様に体幹のインナーが作用すると腹圧が強まり、腰椎のカーブと骨盤の傾きがニュートラルに。

股関節から脚が動かしやすくなり、腰痛が軽くなる。

体幹トレは回数ではなく時間を目安に、呼吸しながら20〜30秒間保つ。

肩こり・腰痛を軽くする筋力は、肩と腰を正しく機能させる持久的な筋力だからだ。

 プランク

プランク

サイドブリッジ

サイドブリッジ

 ドローイン

ドローイン

 

 

スポンサードリンク







-筋トレ

Copyright © MUROBLOG , All Rights Reserved.