転職・求人情報

転職は自分の向いていることを探す、大きな決断

 
どうも、ムロぽんです。
連休も終わり、仕事はじまりました。
少し、憂鬱な気分です。

転職・キャリアランキング

転職活動ランキング
こんな人いませんか?以前の僕もこの仕事に向いているのかわからなくなっていました。
自分に向いてる仕事がわからない方のために、それを見つける方法を書いていきます
(オタク的にハマれる人は適職を見つけやすいです)
この記事を読めば適職がわかり、毎日の仕事がもっと充実し、ぼくのように楽しく働けるようになります

仕事選びで失敗する人がやりがちなこと


「向いてる仕事」を探す人にありがちな間違いが、「好き」から仕事を探していくこと。
これは、正しいように思えて間違いです。
「好きなこと」から「自分に向いてる仕事」を探そうとすると、落とし穴にはまってしまうんですよ
では、そうならないためにどうすればいいか?
重要なことを書いていきます。

まず向いてる仕事がわかる適職診断がおすすめ

向いてる仕事を見つけ
これによって仕事で生かせる強みがわかり、適職探しに役立ちます
なので、悩む前にまず診断を受けてみるといいです。
 

強みと適職を知ると年収が格段にアップする

ぼくは強みを知って適職につき、前職より、仕事の満足度と年収が格段に上がっています
 

<体験談>お笑いは好きだけど、向いてない仕事なので諦める

では、次にぼくの体験談をもとに、向いてない仕事、向いてる仕事を見つける方法を紹介します。
(向いてる仕事が「好き」から見つからない理由も説明します)
僕はお笑いが好きですが、お笑い芸人にもなっていませんし、お笑い事務所のスタッフにもなっていません。
それどころか、なろうともしていません
何故だかというと、断然に目立ちたいとか、人を笑わせたいとかは無理だと分かっているから
 

スタッフの仕事も絶対向いてない。。。

さらに、激務に耐えて寝ずに活動する”作業”が必要です。
1日7時間以上寝ないとダメな僕には絶対にできない”作業”です。
自分に向いてる仕事ではありません
なので、この業界では働きません、いくら好きなお笑いだとしても

好きな作業は、他人からの客観的な視点からわかる

好きな作業は、他人から見たらどう感じるか。
この仕事は自分に向いているかや違うかなーと思うのは自分ですが他人に自分の仕事を評価してもらうということです。
 

仕事探しのプロに相談して、適職を見つける

そして、第三者の目から適職を見つける際に役立つのが「リラくる」というサイト。
ここには適職を見つけるのに役立つ情報があって、それらを見てるだけで向いてる仕事がわかってくるのです。
 

転職サイトを効率よく自分を高評価してくれるサイトを選ぶ

たくさんの転職サイトがありますが、前回ブログに書いた中から自分のあったサイトを選んで紹介をえた方がいい
その中で、最も自分の評価の高いサイトを選んで紹介を受ける。

*まとめ*

人生のほとんどは仕事です。
長い人生、仕事で時間を使っているのならば自分の良い選択で仕事をしましょう

スポンサードリンク







-転職・求人情報

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.