転職・求人情報

転職した会社で、仲間やチームに早くとけこむ方法を考える『体験談』

どうも、ムロぽんです
ツイッターは(@hittky1114)です。
年末に向けて、残業が増えてきました。
ストレスがたまってます・・・

転職・キャリアランキング

転職活動ランキング
転職したら、人間関係に悩むひとも多いはず。
今回は、早く仲間に溶け込むには?を考えていき、自分の体験談も伝えていきます。

とけこめないと仕事にならない

仕事とは、基本的にチームでやるものです。
仕事で成果をあげようと思えば、チームの一員としてなければいきません
「よそ者」としてチームのなかに入っていく転職した職場ではなおさらです。
中途採用では即戦力を期待されることが少なくありません。
入社した側としては一刻も早く成果を出したいところですが、その前提となるのが
「職場にとけこんでいること」
これができないと、まず仕事になりませんね。

転職した職場に早くとけこむための5つの方法

僕の体験談を踏まえて、5つの方法がありますのでみていきましょう

1. 基本中の基本、「挨拶・笑顔・名前」をおさえる

職場に早くとけこむために最初にするべき仕事は笑顔での挨拶と、少しでも話した人の名前を覚えることです。
人間関係の基本は気持ちの良い挨拶、爽やかな笑顔、そして相手の名前を覚えて呼ぶことです。これができていない人は好かれもしなければ信頼もされません。
僕は、名前を覚えるためにこんなことをしました。
人の名前を覚えるのが苦手な人は、デスクの場所や見た目の特徴をメモにとって家に帰ってから見直すなど

2. 前職までのプライドは一切捨てる

前職で実績を残していたり、「自分の実力を見せなきゃ」と意気込んでいたりすると、どうしても余計なプライドをもってしまいます。
すると、わからない仕事なのに知っているフリをしたり、過去の経歴を盛ってしまったりと嘘につながりかねません。
これでは信頼は得られず、職場に馴染むのは無理です。
「今までの自分のやり方が正しい」といった前職までのプライドは全部捨ててしまいましょう。
転職した職場で受け入れられるために必要なのは余計なプライドではなく、謙虚に学ぶ姿勢です。
1番、転職者でありがちは嫌がられるタイプなので気をつけましょう。
新人だと自分で言い聞かせましょう!!

3. 上司か部下かにかかわらず「人の話を聞く」

デール・カーネギーは「人に好かれる六原則」の一つとして「聞き手にまわる」をあげています。

この本は、僕も新卒のときに読まされて感想文を書かされた本でした。
数年後、転職したときに役立つとは思いもよらず・・・
人は誰しもが自分の重要性を実感したいものなので、ついつい自分の話ばかりをしがちです。
特に転職したばかりの職場というのは、できる仕事も少なく、自分の重要性を実感できないものです。
「自分は今までこんな仕事をしてきた」
「前の職場ではこんなやり方はしていなかった」
と聞かれてもいない昔話をしたりと、自分の話ばかりしてしまいます。
しかしそれでは、職場の人たちの「自分の重要性を実感したい」という欲求を無視して、自分の欲望ばかりを満たしていることになります。そんな人が社内で受け入れられるはずがありません。
人の話を聞くところからはじめましょう
自分のことを知ってもらうのは、そのあとで十分です。

4. 「あなたのことを知りたい」のサインを見逃さない

「今日の夜にでも、一杯飲みにいきませんか」
入社してしばらく経てば、こうしたお誘いが一つや二つはあるはず。
「お酒が飲めないので飲み会にはいかない」
「自分の時間を大切にしたい」
という人も増えてきています。
でも入社してすぐの時期はまた別の話。なぜなら飲み会へのお誘いは「あなたのことを知りたい」というサインだからです。
職場にしっかり馴染んで「実は自分、お酒苦手なんですよね。普通にメシ食いにいきませんか?」と言えるようになるまでは、
「あなたのことを知りたい」という仲間になろうとする行為なのです。

5. 「郷に入っては郷に従え」を実践する

これは職場にとけこむための鉄則と言えるでしょう。
・部長や課長などの役職者を役職で呼ぶのか、名前で呼ぶのか。
・内勤の人の服装はどこまで自由なのか。
・就業時間ギリギリに出勤している人が多いか、10分前には全員デスクに座っているか。
会社にはその会社ごとの風俗・習慣があるものです。
会社によっては部署ごとに文化が違うところもあるでしょう。
新参者である新入社員は、まずはそれらをしっかりと周りを見ることです。

*まとめ*

転職して、まず悩むところですね。
僕も同じように、コミニケーションがそんな得意な方ではないので苦労しました。
しかし、職場というのはそんな恐ろしい場所ではないので必ずあなたのことを快く迎えてくれます。
そのサインを見逃さずに笑顔で対応できることだけでもOKなのです。

スポンサードリンク







-転職・求人情報

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.