転職・求人情報

知っていますか?退職後も健康保険は任意継続で病院に行けること

どうも、ムロぽんです。
Twitterは(@hittky1114)です、お気軽に遊びにきてください。
 

転職・キャリアランキング

転職活動ランキング
以前働いていた会社を退職したときの話になるのですが、、、
僕は、『任意継続』を3ヶ月間選んだことがありますので体験談を踏まえて紹介します。
 
何かしらの理由で会社を辞めてしまったあと、
・次の会社へ就職が決まったけど次の会社への空白期間が発生する。
・次の会社は決まっておらずしばらく無職状態になってしまう。
「え?通院してるのにどうしたら良いの?」
と困惑しちゃいますよね。

退職後の健康保険は3つのいずれかの保険に加入する必要あり

例えば・・・
退職日である2019年11月1日(金)に会社へ健康保険証を返却している為、
2019年11月1日~2019年12月1日の間は会社員ではないので社会保険に加入していない状態です。
退職した後の通院をどうしたら良いのか?悩みますよね。
そうなんです。
退職したあと「健康保険証」がない状態で治療を受けよとすると
今まで3割負担だった治療費が10割負担です
ここでの選択肢としては下記の3択です。

  1. 任意継続保険に加入
  2. 国民健康保険に加入
  3. 家族の扶養に加入
今回、「任意継続健康保険」を選択しました

任意継続健康保険」の申請方法

会社を辞めたあとの
「国民健康保険」か「(家族の)健康保険の扶養に加入」するか悩んでいたんです。
「(家族の)健康保険の扶養に加入にするにしてもたった3ヶ月間の間だけの為だけだし、
選択肢として「国民健康保険」だと思っていたんですよね。
 
「任意継続健康保険」の手続き方法が分からなかったので、
私が加入していた健康保険組合に電話してみました。
すると下記の手順で「健康保険」の継続ができるとのことでした。

  1. 自分が加入していた健康保険組合へ電話で問い合わせ(健康保険証の表紙に記載してあります)
  2. 「任意継続健康保険」の手続き方法を確認
  3. 健康保険組合のホームページから申請用紙(任意継続被保険者資格取得申請書)をダウンロード
  4. 申請用紙(任意継続被保険者資格取得申請書)を紙に印刷し各項目を記入
  5. 記入した申請用紙を健康保険組合へ送付
  6. 「健康保険証」と「納付書」が自宅へ届く

こんなにかんたんでした。
 
 

「任意継続健康保険」申請時の注意事項

「任意継続健康保険」の申請にあたり注意事項として、
「国民健康保険」と「任意継続健康保険」のどちらが安いか必ず確認
金額的には、若干だけど任意継続の方が安かったです。
資格喪失(退職日)以降は自己負担で支払う必要がある為、必ず確認しておくことをおすすめします。
(「国民健康保険」は地方自治体でご確認お願いします。)
「任意継続健康保険」のその他の注意点として下記が挙げられます。

  • 「任意継続健康保険」 は資格喪失日(退職日の翌日)から必ず20日以内に手続きを行う
  • 「任意継続被保険者資格取得申請書」と「健康保険被保険者資格喪失届」を元に審査
  • 金融機関へ振り込み(口座振替、不可)
  • 最長2年間の継続可能
あと「任意継続健康保険」の審査が通過し、
「健康保険証」が自宅に届くまで約1週間かかりました。

意外と速く届いたので助かりました。
新しく入社する会社が決まりましたら、任意継続保険証を返却しなくてはいけないのでお忘れなく。

*まとめ*

今回は「任意継続健康保険」について書いてみました。
実際、会社を辞めた経験はあるものの、健康保険を継続できるなんて知りませんでした。
しかも手続きが簡単な割に1週間と比較的、早くに自宅に届いたので助かりました。
仕事を辞めてしばらくリフレッシュしようと考えている方は、
「任意継続健康保険」の存在もあることも忘れず候補にしてみると良いかもしれません。
 

スポンサードリンク







-転職・求人情報

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.