転職・求人情報

社員寮はどんなところ?入寮した時のメリットとデメリットを紹介

どうも、ムロぽんです。
Twitterは(@hittky1114)です。
年末年始はハワイに!!
いつかは行きたいです・・・

転職・キャリアランキング

転職活動ランキング
会社で働く時の、住まいについてですが。
社員寮や社宅など、会社の福利厚生で持っているケースがあります。
今回は社員寮についてです。

社員寮は働く社員にとってさまざまなメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。

今回はそんな社員寮の家賃の金額や、メリットとデメリットで、利用を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

社員寮ってどんなもの?

社員寮とは「会社が社員のために用意した寮」のことを指し、具体的には「独身寮」「単身赴任寮」「家族寮」などがあります。
家族寮は、社員とその家族が住むことを前提としていますが、その他ほとんどの社員寮は単身で入居することを前提としているため、社員寮で提供される部屋の多くは単身者向けものとなっています。

社員寮の家賃はどのくらい?

社員寮の家賃は寮の設備や広さなどにもとづいて決められることから、企業によって具体的な金額は異なります。
一般的な賃貸マンション・アパートの家賃よりも安くなっています。

最近では一般的な社員寮ではなく、借り上げ社宅を用意し社員に住居を提供している企業も多いようです。
僕の会社では家賃補助で27000円までは会社負担で住宅補助が出ます。
借り上げ社宅は、決められた場所に住むのではなく、会社が用意したいくつかの社宅の中から好きなところに住むことができるため、社員寮に比べると自由度が高いといえます。
借り上げ住宅の家賃は社員の一部負担、もしくは全額会社負担となっていることが多く、具体的な金額は建物の大きさや設備の充実ぶりによって異なるものの、一般的な相場よりは安いです。
社員寮を利用することを検討されている方は、社員寮だけでなく借り上げ住宅も選択肢のひとつとして考えてみるのがよいでしょう。

社員寮に入居するメリット

続いては社員寮を利用するメリットです。

家賃が安い

社員寮の家賃は借り上げ住宅に比べると若干高くはなっているものの、一般的な賃貸住宅の家賃に比べれ相場より安い家賃設定となっています。
また社員寮には風呂・トイレをはじめ基本的な家具・家電がついていることが多いため、それらを考慮すれば家賃は同程度の賃貸に比べ、圧倒的に安いといえます。
「家賃を節約できる」という点は社員寮を利用することの最大のメリットの一つだといえます。

水道代や光熱費を会社が負担してくれることもある

社員寮に住むと水道代や光熱費は会社側が負担してくれることが多いです
また場合によっては家賃に水道代と光熱費が含まれていることもあり、これらの出費を抑えられるという点もまた、社員寮に入居するメリットといえるでしょう。

社員同士での交流が深まる

社員寮では一人ひとりに部屋が割り当てられることが多いものの、同じ施設内で他の社員と共に生活を送ることにもなります。
そのため、他の社員と一緒に食堂で食事をするなど社員同士の交流を深めることができるため、職場での良好な人間関係を築きやすいという点も社員寮を利用するメリットといえます。

食堂があることが多い

社員寮には食堂がついていることが多く、自炊をする手間が省けるという点でもメリットがあります。
また、会社によっては食堂の利用者に食事補助を支給していることもあり、食費を節約することもできます

無料で駐車場を利用できるところが多い

社員寮には無料で利用できる駐車場がついていることも多く、車で通勤したいという方には大きなメリットがあります。

会社から近い場所にあることが多い

社員寮は会社から近い場所にあることも多く、職場へは徒歩数分で通うことができるというところも少なくありません。
バスが出ているところもありますので通勤は楽かも
通勤・帰宅に無駄な時間を取られないという点も社員寮に住むメリットとなります。

社員寮に入居するデメリットは?

社員寮にはでメリットも多くあります!!

プライベートな時間が取れないと感じることもある

社員寮に住むと、常に会社の同僚や先輩がいる
寮へ帰ってもプライベートな時間が取りにくいことがストレスになってしまうこともあります。

部屋の模様替えが簡単に行えない

社員寮では家電や家具が備えつけとなっていることが多く、入寮者の勝手な判断で家具の位置を変える、壁紙を張り替えるなどの行為が禁止

日常生活でさまざまな寮独自のルールを守らなければならない

社員寮では門限が設けられていることが多く、事前の申請なしに泊りがけで出かけたりすることができないことがあります。
また共用部の清掃を交代で行わなければならないこともあります
寮独自のルールが精神的な負担となってしまうこともあります。

風呂・トイレが共同の寮も多い

風呂やトイレが部屋ごとに設けられていない社員寮があり、風呂・トイレが共同になっている寮では
「入浴時間が決められている」
「好きな時にトイレを使用できない」
特に出勤前はトイレが埋まってしまうことがあるため、他の社員と時間をずらすなどの工夫をしなければならないでしょう。

古い寮は衛生的でないことも多い

とにかく古い、古い寮では衛生面で問題が出ることもあります。
風呂やトイレの衛生面が気になる場合は、入寮前に状態を確認した方がいいでしょう。

退職するとすぐに退去しなければならない

社員寮はその会社で働く社員のためのものであるため、退職をすると家賃を支払う余裕があってもすぐに退去しなければなりません。
よって退職する際、次の仕事だけでなく次の住まいを同時に探さなければならないという点も社員寮を利用するデメリットといえるでしょう。

*まとめ*社員寮のメリットとデメリットを比較してみて

社員寮は、金銭的な負担の軽減をはじめとしたメリットがある反面
賃貸住宅とは異なる条件によって生じる生活面での制約がデメリットとなることもあります。
入寮を検討されている方は、よく比較・検討してから決断をするようにしましょう。
期間工で働く人は3年は我慢してお金を貯めることを考えて寮に入った方がいいでしょう

 

 

スポンサードリンク







-転職・求人情報

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.