筋トレ

睡眠をうまく取ることが人生を大きく変える、寝る10分前ルール

悩んでる人
枕が合わないのかな?あんまりよく睡眠取れないんだよね

 

このような悩みを解決していきます。

 

この記事の信頼性

この記事の書いている僕は、筋トレ歴5年で83kg→72kgまで筋トレをしながらダイエットに成功しました。

-13kg達成‼️

 

 

ムロ
Twitter(@hittky1114)で発信しています

 

 

記事を先読みメリット

この記事の内容は

西野精治さんの著書『スタンフォード式 最高の睡眠』についてです

 

 

このブログの読者はこんな悩み

筋トレの初心者の人

ダイエットを目的とした筋トレをしたい人

どんな筋トレをしていいかわからない人

 

筋力トレーニングランキング

今回は健康とトレーニングについて知識を深めるために本を読んでみました。

西野精治さんの著書『スタンフォード式 最高の睡眠』



おもしろかったのでレビューしていきます笑( ´ ▽ ` )
ところで、
寝る前の10分、何をしていますか?
もしスマホやPCで仕事のメールチェックをするのが習慣になっている場合は、即刻やめてしまいましょう。
実はこの10分をどう使うかで、その夜の眠りの質ばかりか、次の日の良し悪しにも影響が出ることがわかっているからです。
その影響が毎日に及ぶと考えれば、寝る前の10分は人生の満足度さえ左右します。
「寝る前10分」が人生にどのような影響を与えるかを解説しながら眠りの質を改善し、かつ人生の満足度をアップさせる方法を紹介します。

「寝る前10分」が人生を変える理由

寝る前の1時間〜2時間を「記憶のゴールデンタイム」とする研究者もいるため、具体的な時間にはばらつきがあるものの、寝る直前の時間が記憶にとって非常に重要な時間であるとしている点には違いありません。
というのも寝る直前に記憶した情報は、そのあと眠ることによって他の情報とごちゃまぜになりにくいからです。眠りには記憶のバックアップ機能がありますが、ごちゃまぜにならずに済んだ情報はそのままスムーズに保存されるため、効率的に記憶できるというわけです。

●上質な眠りがもたらす効果と「黄金の90分」

 

スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長を務める西野精治さんの著書『スタンフォード式 最高の睡眠』には、眠りが持つ5つの機能が紹介されています。

1.脳と体に「休息」を与える
2.「記憶」を整理して定着させる
3.「ホルモンバランス」を調整する
4.「免疫力」を上げて病気を遠ざける
5.「脳の老廃物」をとる
※前掲書p69〜75から抜粋

しかしどんな眠りでもいいから、とにかく眠ればこれらの機能がきっちり働くわけではありません。
眠りは量よりも質が重要で、「黄金の90分」と呼ぶ、入眠直後の90分は眠り全体の質を大きく左右するとされています。
ではどうすればこの90分に質の良い眠りを得られるか。
答えはいたってシンプルで3つの条件が必要とのこと

・毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝る。
・ベッドに入るのは日付が変わる前。
・ベッドから出るのは日が昇り、朝が来るタイミング。

仕事に加えて、家族や友人との時間、そして自分の時間、それらを考慮したうえで今すぐ眠りのために割ける時間の目安は、10分程度が妥当でしょう。
だからこそ、その10分をどう過ごすかが重要になってくるのです。

「寝る前10分」にやることで目覚めが違う

この本で僕が1番なるほどなと感じたこと2つを簡単に紹介
寝る10分前にやること

●気持ちよく眠るための「楽しいことだけ日記」

「楽しいことだけ日記」は文字どおり、楽しいことだけをノートに書き出す日記です。
「お昼に食べた定食が美味しかった」
「仕事がうまくいった」
「帰りにスーパーに寄ったら野菜が安かった」
などなんでも構いません。
大切なのは寝る前の頭の中を、心地よい情報だけで満たすことです。
「楽しかった」「幸せだった」という記憶を脳に定着させ、気持ちよい眠りだけではなく、自分の人生に対する認識もより前向きなものに変えられます。

●人生を変える「瞑想」

呼吸や身体感覚などに意識を集中させて行います。
これによって会得できる集中力を、そのまま眠ることに差し向ければ、これまでよりも簡単に入眠できるというわけです。
瞑想の熟達者は何時間でも瞑想していることができますが、最初のうちは5分や10分集中するのが精一杯だという人が多いようです。そのため寝る前10分に瞑想をして心を落ち着け、そのあとベッドに入る。
瞑想で身につけた集中力は、眠りだけでなく仕事やプライベートにも大いに役立ちます。
寝る前10分で行う瞑想が、人生を変えるかもしれません。

*まとめ*快眠するには・・・

習慣を変えるのは誰にとても難しいことです。
プライベートや仕事がうまくいってないなどのときはまず睡眠がちょうどよく取れているのか。
朝の目覚めは良いのか。
朝一番での気持ちがその日の行動が決まりますので、睡眠は大事だということです。
ちなみに僕は、睡眠効果を上げる方法として
枕をかえました。

枕を変えただけで気持ちよく睡眠とれるようになりました( ^ω^ )

そうして手に入れた寝る前10分の習慣は、きっとあなたの人生を変えてくれるはず!!

 

スポンサードリンク







-筋トレ

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.