SEO・アフィリエイト

SEO対策を意識したメタディスクリプションの適切な文字数と効果

悩む男性
 メタディスクリプションってSEOに必要ですか?

 

今回はこんなお悩みに答えていきます。

 

この記事を書いている人はこんな人

ムロです。ブログを始めて1年(2019年6月)ぐらいで、4つのブログを運営しています。

7ヶ月で収益化しました最高月収は17万で、アベレージは12〜14万ぐらいです。

PVは大体3万PVぐらいですね。ツイッターは(@hittky1114)

 

 

 

SEO対策を実施する上で、タイトルと同様に重要視をされてきたのが「メタディスクリプション」です。

 

Googleのアルゴリズムが進化するにつれて、「コンテンツの質」や「ユーザーファースト」という観点が、SEO対策にとっては、最も重要なファクターであることに変わりはありませんが、SEOを意識した「メタディスクリプション」を付ける対策も、忘れてはいけません。

 

今回は、SEOに効果的なメタディスクリプションをご紹介致します。

 

メタディスクリプション(Meta Description)とは?

 

meta descriptionタグはHTMLタグの一種で、そのページがどんな内容なのかを検索ユーザーに伝える役割を持っています。

単にdescriptionタグとも呼ばれます。

meta descriptionタグに設定した文章はYahoo!やGoogleの検索時に以下のように表示されます。この検索結果上の説明文のことをスニペットと呼びます。


検索エンジンの検索結果画面では、タイトルの下に表示されるため、CTRに大きく影響します。

 

メタディスクリプションを設定したほうがいい理由

 

meta descriptionを設定することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

先ほど説明したとおり、Webページを説明する文章を表示させるために利用するのですが、より的確にページを表した文章にすることで、クリック率を上げることができます

 

 

SEOに強いメタディスクリプションのつけ方にも、タイトル同様に5つのポイント

 

ココがおすすめ

  • 最適なメタディスクリプションの文字数にする
  • 各ページで固有のディスクリプションをつける
  • ページの内容を要約して読むことで得られるメリットを提示する
  • キーワードを先頭に入れるようにする
  • タイトルに入れられなかったキーワードを入れる

 

それではそれぞれを確認してみましょう。

 

最適なメタディスクリプションの文字数にする

 

メタディスクリプションは、スマホで約50文字、PCで約120文字程度が表示されます。

 

スマホで検索結果画面を見たときのほうが表示される文字数が少ないため、ユーザーに伝えたいことをできるかぎり前半に持っていくようにしてください。

 

各ページで固有のディスクリプションをつける

 

タイトル同様に、ページそれぞれに対し、固有のメタディスクリプションを設定するようにします。

 

ウェブサイト内のコンテンツで同じ内容のメタディスクリプションが重複して設定されているのは、検索するユーザーの利便性を損ないます。

 

そのため、メタディスクリプションを重複させるのは、検索結果順位の向上を妨げるために良くありません。

 

必ずページごとでオリジナルのディスクリプションを設定するようにしてください。

 

 

 

ページの内容を要約して読むことで得られるメリットを提示する

 

ディスクリプションでページ内に書いてあるコンテンツを簡単に要約して、アクセスすることでユーザーにどのようなメリットが与えられるのかがわかる、宣伝文となることが重要です。

 

ディスクリプションは、ページ内のコンテンツのキーメッセージとなる部分を要約して記述するようにしてください。

 

キーワードを先頭に入れるようにする

 

メタディスクリプションを書く際は、できるだけ先頭の方に上位表示を狙いたいキーワードを含めるようにします。

 

ただし、同じキーワードは最大でも2回までに収めるようにしましょう。

 

同じキーワードを入れすぎるのは、ユーザーの利便性を向上させません。さらに、Googleからスパム判定を受けてしまう可能性もあります。

 

タイトルに入れられなかったキーワードを入れる

 

文字数の都合上、タイトルに入れられなかったキーワードがあるかと思います。

 

そのようなタイトルから漏れてしまったキーワードは、ディスクリプションに入れるようにしてください。

 

SEOメタディスクリプションの設定の仕方

 

投稿記事作成の下の方に、メタディスクリプションを入力するタグがありますのでこんな感じに入れていきましょう。

 

 

ディスクリプションを書くポイント

ディスクリプションを書くには、ページの要約が必要となります。
文章の要約作成ができれば、まず問題ありません。
それでも難しいと感じる方のために要約のコツをまとめました

コツとしては3段階あります。

①文章を段落に分ける>>自身で作成した文章ならほとんど問題にならないかと思いますが、文章を段落分けすることで要点を見つけます。

②各段落の中心文を探す>>段落の中で最も内容を表している文を探します。

③まとめる>>各段落から見つけた中心文を自分の言葉にしてまとめます。

  • SEOタイトル
  • SEOキーワード
  • 紹介説明文

 

 

 

 

ディスクリプションは何文字?

100~130文字といったところです。

なぜ「あえて」と言ったのかというと、最適な文字数というのは決まっていないからです。
ここで言う適切な文字数というのは、ズバリ検索結果で非表示にならない文字数のコトをいいます。
ですが、上限文字数はGoogleのアップデートによって何度も変更されています。

 

 

SEOメタディスクリプションまとめ

 

SEOに効果的なメタディスクリプションを考える上で、常に念頭に置いていただきたいのは「ユーザーの利便性を高めること」と「ユーザーにとってわかりやすくページのメリットを伝えること」が検索順位の向上につながるという点です。

 

メタディスクリプションで、ユーザーにとって知りたい情報が掲載されていることや読む価値があることを提示できれば、CTRが向上して検索順位の向上にも繋がります。

 

本稿を参考にして、ユーザーに支持されるディスクリプションを書いてみてください。

 

マイナビ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ムロ

サイト管理人のムロです。 【趣味のブログがいつの間にかお金を稼いでくれた】月間5万PV達成 ➡️8ヶ月でブログ収益は月20万円 ➡️ 本業と副業で年収は1000万超え➡️ブログでは、SEO・アフィリエイト・動画配信・AFFINGER・転職について書いています

-SEO・アフィリエイト

© 2020 MURO BLOG Powered by AFFINGER5