SEO・アフィリエイト

【パンくずリスト】ブログに必要なの?SEOに効果的あるの?Googleが必要と認めた理由は?

2021年2月3日

悩む男性
パンくずリストってなんですか?

 

悩む女性
パンくずリストはSEOにどんな関係があるの?いらないんじゃないの?

 

悩む男性
無料テーマしか使っていないけど、パンくずリストは作れますか?SEOに効果ありますか?

 

こんなお悩みにお答えします。

 

 

 

 

パンくずリストはSEOに効果があるのか?について

 

  • パンくずリストとは?何か?
  • パンくずリストのSEO効果はあるのか?必要なの?
  • パンくずリスト設定方法と作り方
  • パンくずリスト3つの失敗した設定方法

 

 

なぜ、パンくずリストブログに必要なのか?Googleはなぜ必要と言っているのか?こんなことを説明をします。

 

そして、パンくずリストの設定方法と作り方」も併せて解説します。

 

本記事を参考にすると、パンくずリストの必要性が分かり、Googleに好かれる記事を書くことができます。

 

 

 

パンくずリストとは?なぜブログに必要なのか?

 

結論、パンくずリストは必要

 

Googleはその必要性を明記しており、ユーザビリティの面でも有効になります。後ほど、検証しました。

 

 

パンくずリスト(Breadcrumb)とは、内部リンクの1種でユーザーが今どこにいるのかを示す誘導表示のこと。

 

パンくずをちぎって落として、帰り道がわからないようにならないためという話が、このパンくずリストウェブ上での語源になっています。

 

こんな感じ。

 

HOME >SEO・アフィリエイト >

 

 

本記事で言うと、冒頭にあるコレを指します。

 

HOME >SEO・アフィリエイト

 

 

Googleはこんな表現をしています。

 

パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部的なリンクの行です。訪問者はパンくずリストを使って、前のセクションやルートページにすばやく戻ることができます。

引用元:Googleガイドライン

 

要は、ブログにおける地図みたいなものです。

 

今、自分はブログに中のどこを見ているのか?カテゴリーは何のカテゴリーなのか?

 

もし、違っていたら一つ前に戻ることはできるのか。

 

 

こんなことが簡単にでき、読者にわかりやすいようにブログの中を誘導してくれる機能が『パンくずリスト』のです。

 

パンくずリストを作らないとブログでは評価されない

 

結論、パンくずリストは必要

 

ネット上では「パンくずリストはいらない」と言われることがありますが、私には正直よく分かりません。

 

なぜかと言うと、

 

自分でパンくずリストを作り設置したところクリック率が30%も上がったから(単純計算で3,4人に1人がパンくずリストを使用していることに)。

 

パンくずリストのクリック率を計測する方法

 

パンくずリストのクリック率を計測するのは簡単。

 

Google公式のchrome拡張機能「Page Analytics」を導入するだけ。あとは、データが勝手に蓄積されていきますよ。

 

>>Page Analytics (by Google)

 

 

パンくずリストのSEO効果がある

 

パンくずリストのSEO効果は大きく分けて下記の2つあります。

 

ココがポイント

  1. クローリングが促進される
  2. ユーザビリティが向上する

 

ポイント1:クローリングが促進される

 

クローリングとはGoogleはクローラーというロボットを使い、サイトの情報を収集し記事のランキングをしています。

 

新規記事を書くと、すぐにはごGoogleは記事をウェブ上に反映してくれることではなくクローラーが記事を発見してからウェブ上に公開してくれます。

 

 

クローリングとはクローラーがサイトの情報を読み込むため回遊すること

 

このように記事はクローラにクローリングされることが非常に重要。

 

ここで役立つのがパンくずリストで、設定することでクローリングを促進することが可能。

 

 

ポイント2:ユーザビリティが向上する

 

パンくずリストは自分がどこにいるかが分かるため、ユーザビリティの向上にも繋がります。

 

 

ウェブサイトはユーザーの便宜のために構築するべきであり、すべての最適化はユーザーエクスペリエンスの向上のために調整する必要があります。

引用元:Googleガイドライン

 

ユーザーファーストということもあり、読者にしっかりとわかりやすいようにブログ内のどこのカテゴリーなのかを知ってもらうためです。

 

パンくずリストはGoogleにもユーザーにも効果的ということが実証できます。

 

ここまでで分かるように、パンくずリストは「Google」と「ユーザー」の両面において有効

 

設定することでデメリットはなくても、設定しないことでメリットを逃してしまいます。

 

なので、しっかりとパンくずリストを設定することをオススメします。

 

 

パンくずリスト設定方法と作り方

 

本記事では4つに分け、パンくずリストの設定方法と作り方を紹介します。

 

ココがおすすめ

  1. 自分で作る
  2. プラグインで作る
  3. 無料テーマCocoonで作る
  4. 有料テーマAFFINGERで作る

 

作り方:①自分で作る

 

最初に言っておくと、自分で作るのはあまりオススメしません。

 

その理由として専門知識がないと少し難しいから。コピペでいけますが、おそらくHTMLやCSSの知識がないと何を言ってるか分かりません。

 

ただ、自分で作成すればプラグインの数も減らせて表示速度の高速化にも繋がるので、挑戦してみるのもあり(オススメはしませんが笑)。

 

自分で作って設定する方法はサルワカさんが詳しく解説しているので、記事を載せておきますね。

 

 

作り方:②プラグイン

 

WordPressユーザーであればプラグインが最も主流。

 

パンくずリストが作成できて、オススメできるプラグインは下記の2つ。

 

ココがおすすめ

  1. Breadcrumb
  2. Breadcrumb NavXT

 

Breadcrumb

Breadcrumbはパンくずリストの作成に加え、リスト内の文字色を変更したりレイアウトしたりと、おしゃれにカスタマイズすることが可能なプラグイン

 

 

ただ、無料版だと機能が限られるため、有料版にしないといけないこともあります。おしゃれなパンくずリストを作りたい方にオススメ。

 

Breadcrumb NavXT

Breadcrumb NavXTは普通にパンくずリストを作り設定ができるプラグイン

 

多くの方はこちらを使用しており、無料でも最低限のパンくずリストが設定できるので、特にこだわりがなければBreadcrumb NavXTをインストールすればOK。

 

作り方:③無料テーマCocoon(このテーマを使っている人向け)

 

実は無料テーマですが、Cocoonだとプラグインなしで簡単に作成&設定が可能

 

step
1
Cocoon設定に行く

 

Cocoon設定 > 投稿』

 

 

step
2
パンくずリストを設定

 

投稿へ行ったら画面を一番下までスクロールし、パンくずリスト設定へ。

 

『パンくずリストの位置』という項目で、パンくずリストを表示したい位置にチェックを入れるだけ。

 

 

 

step
3
変更を保存

完了!!

 

作り方:④有料テーマAFFINGER(このテーマを使っている人向け)

 

次に、有料テーマAFFINGERですが、このテーマの場合は何もしなくても最初から設定済み

 

このようにテーマによって設定が簡単であったり、何もしなくてもOKな場合もあります。

 

\当サイト限定特典付き/

AFFINGER プラグインセットショップはコチラ

 

 

 

パンくずリスト3つの失敗設定方法

 

失敗したパンくずリストの例

 

ココがダメ

  1. 複雑なパンくずリスト
  2. リンク切れのパンくずリスト
  3. 関連性のないパンくずリスト

複雑なパンくずリスト

複雑なパンくずリストとは、ホーム画面に到達するまでに数多くのリンクがある場合を指します。

こんな感じ。

ホーム > ブログ > SEO > おすすめ対策 > その他 > パンくずリスト

 

Googleは「避けるべき方法」という項目で下記のように記載をしています。

ナビゲーション リンクを複雑な関係にする(例: サイト上のすべてのページを他のすべてのページにリンクする)

引用元:Googleガイドライン

 

パンくずリストは分かりく作成し設定しましょう。

 

リンク切れのパンくずリスト

これはパンくずリストをクリックしてもリンクが切れている場合

リンク切れはSEOにも悪影響が出かねませんし、何よりそれではパンくずリストが意味をなしていません。

 

なので、パンくずリストはもちろんですが、内部リンク等のリンク切れは定期的にチェックしましょう。

 

関連性のないパンくずリスト

これは記事と関連性のないリンクがある場合

例えば、こんな感じ。

 

 

ホーム > 食品 > SEO

 

これに関してGoogleは「避けるべき方法」という項目で、下記のように記載しています。

テーマ別などに整理せずに、単純にページのリストを記載したナビゲーション ページを作成する。

[引用元:Googleガイドライン]

 

パンくずリストはカテゴリーや記事を詰め込むのではなく、関連性のある記事を設定しましょう。

 

まとめ:SEOに効果的な設定方法と作り方

 

結論は、パンくずリストは必ず設置しましょう。

 

パンくずリストは作るのも設定も非常に簡単。

 

SEO・ユーザビリティの両面において効果的なので設定しておきましょう。

 

 

広告1

広告2

-SEO・アフィリエイト
-, , ,