筋トレ

痩せるランニング、ダイエットをするなら正しい走り方の極意

悩む男性
ランニングに挑戦してみたいのですが詳しくしいたい!!

 

このような悩みを解決していきます。

 

この記事の信頼性

この記事の書いている僕は、筋トレ歴5年で83kg→72kgまで筋トレをしながらダイエットに成功しました。

-13kg達成‼️

 

 

ムロ
Twitter(@hittky1114)で発信しています

 

 

記事を先読みメリット

この記事の内容はランニングの始め方についてになります。
ゆるりと始めるランニングで、有酸素運動をしてダイエットしましょうの回です。
有酸素運動で始めやすいものとしてウォーキングの他にも
ランニングがあります

 

 

このブログの読者はこんな悩み

筋トレの初心者の人

ダイエットを目的とした筋トレをしたい人

どんな筋トレをしていいかわからない人

 

筋力トレーニングランキング

 

ランニングの効果的なやり方の紹介をしていきます。

ランニングでの走り方


せっかくランニングをするなら、効果的に走りたいですよね。
ただ、闇雲に走るのでは思ったように効果が出ないことがあります。
ランニングは、動き始めたその瞬間から脂肪燃焼が始まります。
少し前まで、20分以上運動を続けないと脂肪が燃えません
なので、少しの時間でも動けば脂肪は燃えますので忙しくて時間がない人も、隙間時間を作ってランニングしてみましょう。
そして、余裕のある人はドローイングをしながら走ると、さらに効果的です。

「ドローイング」とは、お腹を凹ませる動作に腹式呼吸を組み合わせて、「腹横筋」を鍛えるトレーニングメニューです。インナーマッスルが鍛えられると代謝がアップするため、脂肪が燃焼しやすい肉体に仕上がります。

 

着地と背筋に注意して走ること

まずはランニングフォームについてです。
基本的には無理のないフォームで走れば大丈夫ですが、2点だけ気をつけて欲しいポイントがあります。
それは「着地」「背筋」です。
1点目の「着地」についてですが、足をつく時は意識してかかとから着地するようにしましょう。
足を前に出してかかとから着地して、つま先で地面をけるようにしてください。
反対につま先などで着地をしてしまうと、身体の負荷に耐えられずに足を痛めてしまったり、無駄な筋肉がついて足が太く見えるようになってしまいます。
2点目の「背筋」についてですが、できるだけ背筋を伸ばすようにしましょう。
背筋を伸ばすことで脂肪の燃焼に必要な酸素を多く取り込むことが出来ます。
走っていると前傾姿勢になりますが、背筋は丸くならないように気をつけてください。

 

僕が使っているシューズはこれ


無理のないペースで20分以上走るこ

ラペースについてですが、速ければ良いというものではありません。
無理なく身体に負荷がかかるくらいのペース、具体的には「ぎりぎり会話ができるくらいのペース」
有酸素運動なので、話はしなくていいですが速くもなく遅くもないペース
ゆっくりで走ることで、脂肪燃焼に効果的な心拍数を維持できると言われています。
そして、ランニングでやせる時に重要になるのは走った距離よりも時間です。
有酸素運動で脂肪の燃焼が活発になるのはだいたい20分を超え始めたくらいからと言われています。
最初のうちは20分走るのは大変かもしれませんが頑張りましょう。

週に3回、ランニングをすること


ダイエットに効果的なのは週に3回程度です。
毎日ランニングをしてしまうと、疲労が抜けずに効率が落ちて、更には怪我にもつながってしまうかもしれません。
ランニングと回復を日々繰り返すくらいの2日に1回のペース
そして、できれば朝にランニングすることをオススメします。
朝にランニングをすることでその日の基礎代謝が高まり、脂肪を燃焼しやすい身体になるためです。
頭が冴えたり、ストレスが解消されるなど、たくさんの良い効果があるので、
ぜひ朝のランニングを試してみてください。

終わりに・・・

ランニングをすることによって、身体の体調にも変化が出ます。
よく、睡眠が取れるようになったりですとか
食欲が出たりなど、かんたんにただ走ることだけなのに、かなりの効果があるので
ダイエットしたい人はまずランニングから始めましょう。




マイナビ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ムロ

サイト管理人のムロです。 【趣味のブログがいつの間にかお金を稼いでくれた】月間5万PV達成 ➡️8ヶ月でブログ収益は月20万円 ➡️ 本業と副業で年収は1000万超え➡️ブログでは、SEO・アフィリエイト・動画配信・AFFINGER・転職について書いています

-筋トレ

© 2020 MURO BLOG Powered by AFFINGER5