筋トレ

『体験談』筋トレが苦手でも継続できるようになった3つのコツ

悩んでる人
基本的に筋トレはしんどいから嫌い

気が付いたらどんどん太っていき、

ヤバイなぁと思って筋トレ始めてみたり走ってみたりしたのですが、

結局続かず、痩せることなく、なんなら増えてしまう

 

このような悩みを解決していきます。

 

✅この記事の信頼性

この記事の書いている僕は、筋トレ歴5年で83kg→72kgまで筋トレをしながらダイエットに成功しました。

-13kg達成‼️

 

 

ムロ
Twitter(@hittky1114)で発信しています

 

 

記事を先読みメリット

この記事の内容は

  • 筋トレ継続のポイント
  • 筋トレを毎日する
  • 近くのジムに通う
  • 筋トレを公言する

 

このブログの読者はこんな悩み

筋トレの初心者の人

ダイエットを目的とした筋トレをしたい人

どんな筋トレをしていいかわからない人

私は筋トレが嫌いですが、

そんな私でも継続できた方法をお伝えします

 

筋トレ継続のポイント

 

 

 

 

筋トレ継続のポイント

1.毎日する

2.近くのジムに通う

3.筋トレを公言する

 

この3つを実践すると、継続できるようになり、

さらに筋トレをする気になっていきます。

 

1.筋トレを毎日する

筋トレのセオリーは一旦無視。

筋トレを毎日することは、

筋トレのセオリーからすると間違っています。

同じ箇所は2,3日おきにして毎日はしてはいけない。が鉄則ですが

今回の方法においては、問題なく実践してください。

めちゃめちゃに追い込むなら話は別ですが、

今回は毎日継続ができる負荷で行います。

 

そして、確実に効果を体感できると思います。

 

種目の設定

種目を設定しますが、

ここは一旦腕立て伏せだけにしましょう。

今日は腕立て伏せ、明日はスクワット、みたいにすると、

リズムが崩れた時に、継続できなくなります。

リズムとは例えば体調不良等で1日筋トレができなかった場合です。

前の日に予定していたトレーニングをするか、

本日の予定のトレーニングをするか迷いが生じて

その迷いがきっかけでトレーニングの継続ができなくなってしまいます。

腕立て伏せに固定することをお勧めします。

 

 

なぜ腕立て伏せか。

 

腕立て伏せに固定する理由ですが、

胸の筋肉は割と早めに成長を感じられるのでモチベーションの維持がしやすいからです。

しかも、上半身の多くの筋肉を鍛えられて気になるお腹周りも刺激されるのでおすすめです。

種目は腕立て伏せに固定して、まずは継続ができるようになりましょう。

 

ただ、本来筋トレを始めるなら、スクワットをおすすめしたいです。

スクワットは身体の中で1番大きい筋肉で成長すると基礎代謝が向上し、痩せやすい体質になります。基礎代謝が向上するということは、普段の何気ない生活でも痩せていくということです。

でも、デメリットとして、筋肉の成長がわかりにくく、効果を感じにくいので、継続が苦手な人は続きません。

まずは、腕立て伏せでとにかく継続することをし、

それから、腕立て伏せにプラスでスクワットをすることをお勧めします。

 

こちらも読みたい
自宅でできるオススメの筋トレは「腕立て伏せ」だけ!【効果・正しい方法を解説!】

続きを見る

 

 

筋トレはどのタイミングでするのか

筋トレをするタイミングですが、隙間時間を活用して1日の内に分散して行います。

1セットにかかる時間は1分以内なのでほんの少しの時間で実施できます。

 

朝起きて家を出るまでに1セット

会社の昼休みの始めに1セット

昼休みの終わりに1セット

家に帰った玄関で1セット

ご飯の前に1セット

風呂の前に1セット

就寝までに1時間おきに1セット

 

といった感じで

すき間時間を見つけてちょこちょこやります。

 

回数の設定

 

回数ですが、

1日100回を目標に

1セット当たり13~15回行っています。

 

ポイントは少し辛いくらいで終わること。

 

1回のセットで追い込みすぎると筋肉痛が酷くなって

継続することができなくなります。

1日の目標は何回でも良いので

設定した回数は行うようにしましょう。

 

休みたい日はどうするべきか。

基本的に休みたくても休まず、毎日継続します。

 

継続が苦手な、私のようなタイプは、

休みの日をきっかけにやらない日がどんどん増えて、

結果続かなかった。となりがちです。

サボりたくなる日も必ずありますが、

そんな日は10回で良いのでやってください。

最悪1回でもいいです。

この1回をやるかやらないかが、

明日の筋トレの継続に大きく関わります。

騙されたと思ってやってみてください。

 

ちなみに、嫌々でも1回をやると、

「もう何回かやろうかな」という気になってきて、

結局いつも通りやったなってことも良くあります。

 

しんどくても1回はやる方法は本当におすすめです。

 

こちらも読みたい
筋トレ初心者は週に何回トレーニングするのか?毎日行ってもOK?

続きを見る

 

2.近くのジムに通う

 

継続に有効な方法の中に、ジムに通うと言うものがあります。

実際に、お金を払うことでもったいないから行こうと思う方法で、

この方法で続く人も一定数いるようです。

通勤経路上にある家から近いジムを選ぶ

 

 

単純にジムに通うだけでも、継続できる人もたくさんいて、

そういうタイプの人はどこのジムでもよいと思いますが、

私のように、継続すること自体が苦手なタイプは、

より継続しやすい条件をそろえる必要があります。

 

最も有効な手段として考えるのは

「通勤経路上にある家から近いジム」に通う

ということです。

 

実際に私も、家から離れたジムの時は1か月以上いかない時があったり、

ジムの存在を忘れていた時期もあったりとなかなか継続できませんでしたが、

通勤経路上のジムに通い始めてからは、週3,4回は通っています。

 

通勤経路上にジムがある場合、仕事が終わってから通うことが楽になります。

わざわざ通勤経路から離れた場所に行くとなると、

気持ち的にしんどくなってきて少しずつ通うことをやめてしまいます。

 

仕事終わりにそのまま楽に行けるジムであれば、

ジム通いが簡単に続けられるのでおすすめです。

 

ジム選びの注意点

通勤経路の家から近い方がいいといいましたが注意点もあります。

筋トレの知識が全く無い人は、

トレーナーさんのいるジムを選んだ方が良いです。

 

筋トレ初心者は気合が入りすぎて

マシンやバーベル等の重量を適切な重さより

重くしてしまうことがあります。

無理な重量はケガにつながり、

一度ケガをすると治っても

筋トレに復帰するモチベーションがなくなってしまい、

継続が難しくなります。

 

効率の面でも、正しいフォームが分からないままのトレーニングでは、

狙っている部位とは全然違う場所に負荷をかけてしまうことがあります。

 

まずはプロに学び、正しい筋トレの方法を学びましょう。

 

 

3.筋トレを公言する

 

筋トレ続けると決めたら、

だれかれ構わず「筋トレを始めた」と言いまくりましょう。

 

やめにくい状況にする

たくさんの人に公言すると

やめたくていもやめにくくなります。

もししばらく休んでも、

「最近筋トレやってる?」と聞かれると

やべぇやってねぇなぁ」となり、再開するまでの期間が早くなります。

 

そのお陰で、「あれ?今日筋トレは?」と声を掛けていただくようになり、

サボれずずっと続けています。

 

筋トレ仲間ができる

筋トレを公言することで他にも良いことがあって、

筋トレをやってます。といった人の中か筋トレを始める人が出てきて、

筋トレ仲間が出きることです。

そういった人からの質問を受けて、

答えるために知識をつけるので私の知識も貯まって、

筋トレも継続できて、一石二鳥です。

 

まとめ

 

筋トレは毎日する

・毎日することが最強の継続方法

・種目は腕立て伏せに固定

・1セットは少ししんどく感じるまで

・頻度は仕事に行く直前などの隙間時間(1分あればできる)

・休みたくなっても最低1回はする

通勤経路上にある近くのジムに通う

 

スポンサードリンク







-筋トレ

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.