転職・求人情報

期間工員が失業保険を受け取るまでの流れを詳しく解説

どうも、ムロぽんです。
ツイッターはこちら(@hittky1114)
 

転職・キャリアランキング

転職活動ランキング
今回は、失業保険と期間工についてです。

  • 期間工の方
  • これから、期間工といて働く方
  • 期間工の満了が近い方

こんな方に読んで見ていただきたいです。
 
退職・失業などで求職中に生活の糧となるのが「失業保険」です。
この失業保険は誰でももらえるわけではありません。
保険を受けるには、失業保険の被保険者でなければならず、失業保険の掛け金を支払っていることが条件となるのです。
正社員でしたら問題なく社会保険の一部として失業保険料を会社と折半して支払っているのですが、
非正規雇用の期間工となると?
期間工の失業保険について詳しく紹介します。

期間工が失業保険をもらえる条件とは?

正規雇用と非正規雇用では社会保険の加入率が異なるようですが、
失業保険をもらうにはそもそもどのような条件があるのか、失業保険の受給資格について調べてみました。

失業保険は受給資格がある

失業して失業保険を受給するには受給資格というものがあります。
誰でも働いて退職したとしても無条件に失業手当がもらえるわけではありません。
まずは失業保険の受給資格について

過去2年以内の間に期間工として12カ月以上働いている

失業保険の受給資格ですが、
失業保険に加入して失業保険料を支払っているのが条件です。
これが前提条件ですが、失業保険の受給資格は過去2年間に12ヵ月以上の失業保険の加入期間がなくてはいけません。
 

参考


1、12ヵ月以上働いていること
2、その期間に失業保険料を会社と折半して支払っていること
 

 
が受給資格を得るための条件となります。
また離職前の1年間で被保険者期間が6ヵ月以上ある場合も失業保険の受給資格があります。
短期間の場合は失業保険に加入しない契約もあります。
失業保険の被保険者期間は通算で計算されるので、短期間の期間工であっても失業保険に加入できる仕事を選択したほうがよいです。

特定受給資格者、特定理由離職者は、6カ月以上

雇用期間が決まっていない場合は自分の都合(自己都合)によって退職することもありますが、期間工の場合はあらかじめ働く期間が決まっていることがほとんどです。
それが6ヵ月あるいは1年の場合でも、期間満了となった場合は会社都合の退職となります。
 

注意ポイント


自己都合と会社都合の退職で大きく違うのは、失業保険(雇用保険)の給付制限です
会社都合の退職の場合は給付制限がなく、失業手当の支給開始日はハローワーク届け出から7日後となります。
 

 

注意ポイント


一方の自己都合退職の場合は給付制限ありで、支給開始日はハローワーク届け出から3ヵ月+7日後ということになります。
期間工の場合任期満了を待たずに退職した場合は自己都合退職となるので注意

 

働く意思と能力がある

失業保険の受給資格は「働く意思と能力がある」ことが条件となります。
失業保険の受給中もハローワークに通って求職の意思を示し求職者として活動してますよ!!
ということをしなくてはいけません。
例えば、、、
ハローワークで求人の紹介で面接に行くとか

期間工が失業保険をもらうまでのステップ

期間工で働く人が退職して失業保険をもらうまでの手順を説明します。

STEP1:退職の際に人事と面談する

まずは任期満了となるので人事の人と面談の席が設けられる場合があります。

【必須ではないが、受給までの手続きがスムーズに進みやすい】

人事との面談は必須というわけではありません。
自分から進んで面談の席を設けるように要望することもできます。
必ずしも退職時に面談が必要というわけではなく、面談を行わなくても退職の手続きは会社の方で進められていきます。

【会社都合での退職になることを確認する】

人事との面談の際に確認することはひとつです。
それは「会社都合の退職になるか」という確認です。
期間工の任期満了は自己都合ではなく会社都合の退職ですから、そのあたりの確認は通常する必要はないのですが、念のために確認しておくと確実です。
退職時は会社が離職票を発行してくれるのですが、その書類に「会社都合での退職」という記載が載ることになります。

【離職票発行までの流れについて確認する】

離職票発行までの流れ
 

STEP2:離職票をもらう

離職票の受け取りですが、退職日に発行してもらう(受け取り)、あるいは自宅に郵送してもらう方法、さらには後日会社に行って受け取るといった方法があります。
自分の都合の良い選択をします

STEP3:ハローワークへ行く

離職票をもらったらハローワークに行きます。持参する書類は以下になります。
・雇用保険被保険者離職票(1)
・雇用保険被保険者離職票(2)
・雇用保険被保険者証
以上の3点は会社から受け取る書類です。
他に自分で持参するものは以下です。
・印鑑
・写真
・預金通帳
・マイナンバーカード(マイナンバー確認証明書)
これらのものを持参してハローワークに失業保険給付の手続きに行きます。

期間工が失業保険をもらうためのポイント

期間工が退職後に失業保険を受給するためには、失業保険の被保険者として働いた実績がなければいけません
通常は期間工として働く際、会社から失業保険の加入などの説明があるはずですので基本的には問題ないと思いますが、失業保険に加入する条件を以下に示します。

ポイント


・1週間の所定労働時間が20時間
・2年間において12ヵ月以上働くこと

この2点が条件となります。
6ヵ月以上でも失業保険はもらえるのですが、その場合は給付制限有りとなり、3ヵ月以降からの受給となるので注意が必要です。
期間工が任期満了で退職する場合、退職すると会社都合の退職として処理されるはずですが、
「自己都合の退職」として離職票に記入されているケースもまれにみられます
 

注意ポイント


自己都合の退職と記入されてしまった場合、ハローワークでもその点を指摘されるはずなので、そのときに自己都合での退職という記載があった場合は「任期満了で退職」した旨を説明して、会社都合の退職に変えてもらうようにしましょう。
 

 
会社都合にしないと失業保険の給付制限がつき、受給が3ヵ月後+7日後になってしまいます
 
退職したらすぐに収入があるかないかは大きな問題なので、、、
給付制限なしですぐ受給できるようにしなくてはなりません。

*まとめ*失業保険受給の知識をしっかりと持ちましょう

期間工の場合、任期満了になるとすぐ次の仕事に就く場合もあり、
失業保険の受給は手続きが面倒だからとハローワークに行かない人います。
しかし、給付制限がなくすぐに失業保険が受給できますし、
すぐに就職したとしても再就職手当がもらえる場合もあります。
また失業保険を受給しない場合、その失業保険の被保険者の期間は次の機会に通算されるので、離職票などはきちんと保管しておきましょう
いかがでしたか?
期間工でも、失業保険の対象になります
しかも、退職後に会社都合での解雇となりますのですぐに雇用保険の対象になり失業保険をもらうことができますので
しっかりとした知識を持ちましょう。
では!!
 

スポンサードリンク







-転職・求人情報

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.