転職

派遣会社で働くことを辞めるのはいつが良いか?1年半が期限だ!

派遣社員を辞めるタイミングはいつがいいでしょうか?

間違いなく1年~1年半と答えます。

 

なぜ、1年~1年半がいいのか解説していきます。

派遣で半年以上働くと有給が使える。

半年働くと有給が使えます。

週5フルタイムで働けば有給が10日付与されます。

有給は仕事を辞めるタイミングで消化すれば大丈夫です。

派遣会社によりますが、給与明細に有休の日数が書いてあります。

一応、有給は、派遣会社が同じですぐに転職先がみつかれば引き継げますが、引き継ぐメリットがないので必ず使い切ったほうがいいです。

 

半年の次に支給されるのは、支給されてから更に1年後、つまり働き始めてから1年半です。

有給支給と契約更新のタイミングを考えて1年半過ぎてからやめるのもおすすめです。

派遣で働くと1年間の雇用保険が受給できる。

1年働くと雇用保険が受給できるのが最大のメリットです。

しかも、派遣社員の場合、自己都合であっても期間満了で辞めれば、給付制限なしで雇用保険が受給できます。

通常、自己都合で仕事をやめる場合、3ヶ月の給付制限がつくので実際に雇用保険が支給されるのは、3ヶ月以上かかります。

これは、なにげにすごいです。

1年続けようが、3年続けようが雇用保険がもらえる日数は変わりません。

 

ここで注意しておきたいのは、2点。

・1年経過していることと。

・期間満了で辞めること。

 

雇われてから1年も経たずにやめるともちろん、雇用保険は支給されません。

働き始めた日は、忘れないように、どこかにメモしたほうがいいです。

1年経過しても、契約の途中でやめると給付制限ありになってしまいます。

給付制限ありになってしまうと、雇用保険を受給できるのは、3ヶ月以上先になってしまうのでかなりきついです。

もし、契約途中に、精神的に病んでしまって辞めたいときは、病院に判断してもらって、傷病手当金と組み合わせて辞めることも検討したほうがいいです。

 

派遣会社で派遣を続けることにメリットがない。

派遣の仕事は、雑務

何かしら、キャリアアップにつながるようなスキルが身についたり、何年か続けたら退職金やボーナスがもらえるなら続けてもいいかもしれません。

しかし雑務なのでそういうのは、一切ないです。

派遣の求人でよく見かける、未経験者歓迎でコツコツ系の雑務は、ほとんどそうだと思います。

 

逆に、そういう雑務は、続ければ続けるほど、時給は上がらないのに、余計な仕事と責任を押し付けられて嫌な気持ちになります

 

派遣社員には、3年ルールというのがあって、3年以上は働けません。

3年経ったら直接雇用を依頼されますが、派遣先が断ってしまったら直接雇用されることはありません。

3年続けてもメリットはないです。

 

逆に1年以上続けるとデメリットしかないので、1年を区切りに辞めたほうがいいです。

 

派遣を辞めると、自分のメリットだけが残る

よくありがちなのですが、自分が仕事をやめると会社が困るみたいなことを考えてしまいます。

逆に、会社は、派遣社員の将来のことなんて考えてくれてるわけがありません。

労働組合もないです。

派遣社員は、すぐに辞めさせることができる、都合のよい駒なわけです。

もちろん、仕事は真面目に働く必要はありますが、いつ仕事を辞めるかどうかは、自分にとって一番メリットがあるタイミングで辞めるべきです。

*まとめ*派遣を辞めるなら1年が妥当な期間

派遣社員は、3ヶ月契約なので、契約更新時には、自分の好きなタイミングで辞めて構いません。

それが逆に言うと派遣社員のメリットでもあります。

 

派遣先の会社や、派遣会社の営業からも、長く続けるような圧力がかかりますが、続けるメリットがないなら無視しましょう。

マイナビ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ムロ

サイト管理人のムロです。 【趣味のブログがいつの間にかお金を稼いでくれた】月間5万PV達成 ➡️8ヶ月でブログ収益は月20万円 ➡️ 本業と副業で年収は1000万超え➡️ブログでは、SEO・アフィリエイト・動画配信・AFFINGER・転職について書いています

-転職

© 2020 MURO BLOG Powered by AFFINGER5