ブログ

【トレンドブログ】キーワード選定の失敗例3選!Googleから認識されるキーワードとは?

2021年1月20日

 

悩む男性
キーワード選定がうまくできません

 

悩む女性
選んで失敗するキーワードってあるんですか?

 

悩む男性
同じ意味の言葉でも検索意図は違うんですか?

 

こんな悩みにお答えしていきます。

この記事を書いている人はこんな人

ムロです。ブログを始めて1年(2019年6月)ぐらいで、4つのブログを運営しています。

8ヶ月で収益化しました最高月収は25万、アベレージは20万ぐらいです。

PVは大体10万PVぐらいですね。ツイッターは(@hittky1114)

 

 

こんな方におすすめ

  • 検索されるキーワードで検索意図が違う
  • NGワードはこんな言葉と肩書きが多い
  • キーワードが同じでも意味が違う時もある
  • Googleが認識していることと、検索者の違い

 

 

トレンドブログを実践する上で、キーワード選定はかなり重要なポイントとなります。

 

 

ココがポイント

  • キーワード選定の失敗例
  • 代表的なNGワード

 

間違ったキーワードの選び方を知るだけでも、キーワード選定の質はかなり上がります。

 

 

トレンドブログのキーワード選定とは?

 

キーワード選定、アクセスを集める記事を書く上でとても重要なポイントとなります。

 

そのキーワードというのは、検索される言葉を考えてキーワードを選定する。

 

間違えたキーワード選定をしてしまうと記事を書いてもアクセスが全く来ない!ということもあり得ます。

 

ですので、間違ったキーワード選定を知り、正しいキーワード選定ができるようになっていきましょう。

 

トレンドブログのキーワード選定の失敗例3選!

 

キーワード選定の代表的な失敗例について紹介をしていきます。

 

その失敗例というのが次の3つです。

 

 

① 肩書キーワードを入れる

② NGキーワードを使う

③ キーワードの多用

 

失敗例① :肩書キーワードを入れる

 

肩書キーワードというのは「グループ名」や「職業」などで、例えば、

 

  • 『ダウンタウン』の松本人志はお笑い芸人
  • 『起業家』堀江貴文はビジネスのプロ
  • 『メジャーリガー』のイチローは2019年引退

 

 

特にタイトルの左半分は、SEOの観点からも重要なポイントです。

 

こういう名前だけでブランドがついている人は肩書きは必要ないでしょう。

 

肩書キーワードが検索されることは少ないので、入れないようにしましょう。

 

 

失敗例②: NGキーワードを使う

 

代表的なNGワードがこちらです。

 

・身長

・年齢

・出身地

・インスタ

・ツイッター(Twitter)

 

これらは、「人物名+〇〇」という使い方を良くされますが、実際に検索をしてみると、

 

 

検索をする前に、Googleが先に答えを表示してくれるようになっています。

 

言葉の揺れについて。

 

検索キーワードの表記揺れの対応方法について

ナイルのSEO相談室より引用

 

 

 

ですので、上記のキーワードをタイトルに入れても検索されない、検索されても読んでもらえないということになってしまいます。

 

 

またインスタやツイッターなどのキーワードは、検索者は検索したご本人のSNSアカウントを探しているはずです。

 

実際に、「人物名+ツイッター」で検索をすると、その方のSNSアカウントが一番最初に表示されます。

 

またこの他にも、

 

  • 経歴
  • 本名
  • 体重

 

特定の人物のプロフィールに関することは、GoogleやWikipediaで検索者のニーズを満たしている事が多いです。

 

ですので、こういったキーワードを使用する時には、必ず検索結果を一度確認してから使用するようにしましょう!

 

失敗例③: キーワードの多用

 

タイトルでキーワードを多用するのはペナルティーを受けるリスクもありますので、絶対にやめましょう!

 

そもそも、

みたいに、似たようなキーワードを全部使っておこう!というのもNG。

 

キーワードは、ターゲットに合わせてしっかり絞るのが基本です。

 

検索者の意図を考えてキーワードを選別しましょう。

 

キーワード選定でGoogleから認識されているのか

 

この対策が必須なのか不要なのかを判断することが重要なポイントとなります。

 

その時の判断の仕方というのが、同じ意味の言葉でも?

ココがポイント

  • Googleがどのように認識しているのか
  • 検索者がどう検索しているのか

 

この2パターンです。

1つずつ解説をしていきます。

 

Googleがどのように認識しているのか

 

例えば先程の「堀江貴文」と 「ホリエモン」の場合、どちらのキーワードを使うかで検索結果が全く違ってきます

 

また名前と一緒に検索されるキーワードである、虫眼鏡やサジェストも違います。

 

つまり、「堀江貴文」と「ホリエモン」の場合には、検索意図が違うということです。

 

ということが分かります。

 

検索者がキーワードをどう検索しているのか

堀江貴文さんのように、Googleが同一人物だと認識しきれていない場合には対策が必要です。

その時には、

  • 検索ボリュームで判断する
  • ライバルによって判断する

 

 

キーワード検索ボリュームで判断する

 

キーワード検索ボリュームの大きい方を使う。

 

全体の検索ボリュームが小さいので両方使う。

 

など、検索ボリュームで判断していきましょう。

 

ライバルサイトによって判断する

 

またライバルサイトをチェックして、より使われていない方のキーワードを使って差別化をすることが出来ます。

 

ただこの場合、全体的な検索ボリュームがかなり小さくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

キーワード認識で具体的な対策法

 

タイトルにどうしても入らない場合や、判断が難しかった場合には、

 

見出し

・本文

・代替テキスト(Alt属性)

 

などで言葉の揺れ対策をしましょう!

 

ただその際にも、ユーザービリティが下がらないよう注意が必要です。

 

カッコの多かったり、呼び方がその都度変わるようなコンテンツはかなり読みにくいです。

 

あくまでもユーザーファーストであることは忘れないようにしましょう。

 

【まとめ】トレンドブログのキーワード選定についてGoogleからの評価をもらうために

それでは今回は、トレンドブログのキーワード選定について失敗例や言葉の揺れ対策を解説していきました。

 

  • NGワードは使わない
  • しっかり言葉の揺れ対策をする

 

この2点を気をつけるだけでも、よりアクセスが集められる記事が書けるようになっていきますよ!

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ムロ

サイト管理人のムロです。 【趣味のブログがいつの間にかお金を稼いでくれた】月間10万PV達成 ➡️8ヶ月でブログ収益は月20万円 ➡️ 本業と副業で年収は1000万超え➡️ブログでは、SEO・アフィリエイト・動画配信・AFFINGER・転職について書いていますので、よろしくです!!

人気記事一覧

1

悩む男性アフィリエイトで稼ぐコツが知りたい。いま、個人ブログを運営しているけど月1,000円未満です・・月5万円を目指したい。   悩む女性収益化するためには、どうしたらいいですか? &nb ...

2

  悩む女性個性的なブログはアクセスあるの?   悩む男性ブログの独自性ってどうすればいいの?   悩む男性オリジナリティって一体なに?     こん ...

3

悩む男性ブログの書き方がわかりません、どうすれば良い記事が書けるようになるんでしょうか   悩む女性ブログの構成ってどのようにづればいいいですか?   悩む男性どのように書けば読ま ...

-ブログ

© 2021 MURO BLOG Powered by AFFINGER5