ブログ・Twitter

Brainアフリエイトは伸びる、仕組みと解説

Brainは2020年1月30日にリリースされた、サービスが販売できるプラットフォームです。

 

すでに多くのインフルエンサーが参入をしており、市場はどんどん大きくなっています。

 

今回は、そんなBrainの仕組みについて紹介していきます。

 

本記事を参考にすると、Brainの仕組みを理解できます。

Brain(ブレイン)とは

Brain(ブレイン)とは

Brainとは、2020年1月30日にリリースされた、サービスを販売できるプラットフォーム

 

noteに近く自分で書籍などを作成し、有料で販売することが可能です。

 

 

ブロガー界では有名な、マナブさんも参入なさるようですね。

 

Brainではアフィエイトが可能

Brainの面白いところは、アフィリエイトができる点。

 

具体的にはこんな流れ。

  1. Brainでサービスを買う
  2. その商品をブログやTwitterで紹介する
  3. 見た人が買う
  4. 紹介料が貰える

 

まさにアフィリエイトができるというわけです。

 

Brainアフィエイト4つメリット

Brainアフィエイト4つメリット

Brainアフィリエイトには着目すべき多くの点があります。

 

下記をご覧ください。

  1. 作品を作る必要がない
  2. 紹介料が高い
  3. レビュー機能がある
  4. スコアが付く

 

では、順に解説していきます。

 

作品を作る必要がない

以前からあるnoteですが、多くの方は..

 

ですが、Brainであれば作品を作らずとも、アフィリエイトによりお金を稼ぐことが可能に。

 

つまり、第一線で活躍する人達だけに美味しい話ではないのです。

 

紹介料が高い

Brainでも多くは、テキストを有料で販売します。

 

本来、Amazonで書籍をアフィリエイトで売るとかなり低い紹介料でした(数十円とか)。

ですが、Brainだと最大50%の紹介料が…

 

2,000円の書籍をアフィリエイトすると仮定し、比較するとこんな感じに。

Amazon 60円
Brain 最大1,000円

 

これだけの「差」が生まれます。

 

『Amazonで17回売る=Brainで1回売る』

ということになりますね。

 

レビュー機能がある

Brainには、作品にレビュー機能が付きます

なので、購入前にどのような内容なのか、評判はどうかが分かるようになります。

 

ただ、ここに関してはサクラの可能性もあるため、過剰に信じるのはNG。

 

スコアが付く

また、Brainでは「★1~★5」で作品にスコアが付きます

これにより、質の低い作品は淘汰されていく仕組みに。

 

noteの問題点であった、作品の質が改善されるかもしれませんね。

 

Brainとnoteの違い

Brain note
手数料 12% 15%
販売金額 100~10万 0~5万
返金制度 なし あり
信頼性
アフィリエイト あり なし

では、最後にBrainとnoteの違いを解説します。

 

下記の項目ごとに対比します。

  • 手数料
  • 販売金額
  • 返金制度
  • 信頼性
  • アフィリエイト制度

 

順に、詳しく解説します。

 

手数料

手数料で比較するとこんな感じ。

  • Brain:12%
  • note:15%

 

noteでは、販売手数料の高さが問題視されていましたが、そこが少し改善された形に。

 

販売金額

販売金額で比較するとこんな感じ

  • Brain:100~10万
  • note:0~5万

 

Brainでは0円で売ることはできなくなっています(変更の可能性もある)。

 

+上限金額が10万まで伸びています。

 

返金制度

返金制度で比較するとこんな感じ

  • Brain:なし
  • note:あり

 

ここに関してはnoteの方が、購入者は安心ですね。

 

ただ、その代わりにBrainにはレビュー機能とスコア機能があるため、質の良し悪しは見分けやすくなります。

 

信頼性

信頼性で比較するとこんな感じ

  • Brain:〇
  • note:△

 

これは上記で解説したように、レビュー機能とスコア機能によるもの。

noteでは、SNS上でサクラが良い口コミを拡散することが多いため、「△」としています。

 

もちろん、そうでないことも多いですが、少なからずマーケティングの常套手段として根付いているのが事実です。

 

Brainであれば、スコアで判断できるので安心ですね。

 

アフィリエイト制度

これは繰り返しですが、noteにはなく、Brain特有の制度です。

 

Brainでは、50%までの紹介料を付けることが可能

 

Brainは情弱ビジネス?

SNSでも話題になっていますが「Brainは情弱を搾取する」と。

 

答えは、簡単。

そう思うなら関わらなければ良いというだけ。

 

何か新しいことが始まると、必ず反発が生まれます。

 

ブログやアフィリエイト系などのビジネスでは、必ずある批判です(この世で一番、「損」をするのは批判にいそしむ人)。

 

興味のある方は、イケハヤさんの作品を読んでみて下さい。

 

ただ、注意は必要

Brainを利用する人は、注意も必要。

 

そもそも情報を扱うビジネスにおいて、読者側のリテラシーは必須です。

  • 「何か怖いなぁ」
  • 「よく分からない」

 

という方は眺めてるのも1つの手。

 

自分から動くのはOKですが、人に流されるのはNG

 

本記事を読んで、「何となく良さそうだから」「みんなやってるから」と思考を半分止めて、上記のリンクを押そうとはしていませんか?

 

参入するならば、自分でしっかり考え、自分の意思で踏み込みましょう。

 

もちろん、イケハヤさんの教材は悪いとは思っていないので、興味のある方のみ、自分で考えて行動してみて下さい(買わなくても全然OK)。

 

Brainアフィリエイトの波に乗ろう

まとめ
Brainはこれから活発化が望めるプラットフォームです。

まだまだ改良されていくと思いますが、この乱立期に乗れれば大きく利益を上げることも可能

 

繰り返しですが、流されず自分で考え動きましょう。

スポンサードリンク







-ブログ・Twitter

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.