ブログ・Twitter

乳がんについて、毎年検査しましょう!

 

この間、このようなニュースを読みました。

 

Yahoo!検索による「乳がん 美智子様」のウェブ検索結果です。
— 読み進める search.yahoo.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASM8J3RSFM8JUTIL00N.html?usqp=mq331AQPKAFwAZgB-O-wu_mTualM

皇后さまが、こういう病気を発表するのは女性にとって勇気がいるものなんだなーと。

がんは、2人に1人がなる時代で

しかも、昔と比べても治る時代なんです。

 

だから、検査検診

受けましょう。

早期に見つけてしまえば、治るんです。

まずは、自己診断できます

乳がんセルフチェック←ピンクリボンフェスティバルから引用しました。

こちらで、ご自身でチェックしてみて下さい。

まず、自分がどんな状態なのかわかります。

乳がんの原因は?

簡単に、乳がんを説明します。

乳がんとは、乳房付近にできる悪性の腫瘍です

2種類あり

・乳管から発生する乳管がん

・小葉から発生する小葉がん

発生する割合的には乳官がんは全体の80%、小葉がんは20%となっております。

乳がん自体、身体に影響がでてくるときにはもう進行している状態だといえます。

なので、毎年は必ず

検診を、受けたほうが早期発見できますので!

皇后さまも、検診で早期発見されたそうです。

⓵原因とは?

主な原因は以下の3つです

〈エストロゲン〉

乳がんの発生は、このエストロゲンという女性ホルモンが原因とされています。

〈生活習慣〉

以下のようなことが考えられます。

・欧米のような食事習慣、高脂肪

・運動不足

・喫煙習慣

・多くの飲酒

〈遺伝子変異〉

先天性の遺伝子変異と言われていることもあります。

ただ、遺伝子に異常があるひとたちが必ず発生するとは限りません。

まだ、未開拓な病気でありこれという遺伝子の異常で乳がんになったとは確認できていないのが現実です。

遺伝子の変異というのは確実とは言えませんねー

 

 

乳がんになると?

大きく2つの症状が見られます

⓵胸のしこり

自分で触ってわかるというのが、乳房のしこりです。

これも、乳がんとは関係ない病気の場合もありますので受診して確認しましょう

⓶見た目

進行しないとわからない病気のため、乳房の見た目が変わらないと発見が遅くなったというケースをよく耳にします。

・乳首の陥没

・乳輪周辺がただれたり、乳首がただれることがある

・乳房の皮膚がただれたり、凸凹になったりすること

・乳房にえくぼのように凹むようなこと

乳輪周辺から、液体が分泌されたり、血が混じったりすることもあるので注意

 

 

早期検診で、乳がんを防ぐことが大事

上記のような症状がでたら、いち早く受診すること!

そうでなくとも、毎年は検診を受けましょう

・マンモグラフィ

・MRI検査

・超音波検査

・生検

安心できるまで、調べてもらったほうがいいですね!

自分も、母や妻には必ず受けてもらいたいと思います。

検査料金も、保険が適用されますので5000〜10000円ぐらいで受診できますので気軽に受けてみて下さい。

 

若い女性がなるケースもある

ひと昔前なら、仕事を定年したのちがんになる人が増えた時代でしたが。

今は、40歳からでもがんになる人も増えています。

これは、男女に通じてです。

そして、最近では芸能人のかたも

がん告白の会見もされております。

やはり、自分がなったときに

まわりにも、がんは早期発見するとこが大事なんだよ。

と伝えているように思いますし。

2017年の

小林麻央さんのときは、心が痛みましたよね。

まだ、30代でしたよね。

もっと早くにわかっていればなんて考えましたし。

がん保険を販売していたとき、

 

加入して頂いたお客様が、その半年後に

乳がんで入院されたと聞いたときは

保険に加入した時にはもう

がんになっていたそうでびっくりしたこともありました。

もちろん、保険はおりて

 

お客様も完治されました。

もし、今迷ってる人がいたら

友達と一緒にでも、毎年検査や検診をかかさず受けましょう

 

スポンサードリンク







-ブログ・Twitter

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.