トレンドニュース

新型コロナウイルス マスクなどの予防グッズ3選

中国の武漢市で発生した新型コロナウイルス。日本国内でも感染が確認されました。

新型コロナウイルスによる肺炎を発症

今回は、新型コロナウイルス予防の一つとして3種のマスクを紹介します。

※本記事で紹介する商品は、完全に予防できるものではありません。予めご了承くださいませ。

予防の一つとして、やはり最初に抑えておきたいのがマスク。最近では様々なタイプがあり、その効果や特徴はまちまち。こちらのマスクは、防塵用に用いられているマスクとほぼ同等の集塵力を備えています。

[itemlink post_id="5474"]

また、鼻の周囲にノーズクッション&ノーズフィッターを設けていることから、隙間からのウイルスの進入も防止。メガネがくもりにくいのもうれしいところです。

[itemlink post_id="5479"]

ノーズクッションでガード力1.5倍

ノーズクッションで鼻とマスクの間にフィットし、通常のマスクよりしっかりガードできる「快適ガードプロ」。

ガード力がありながら、通気性の良いフィルターのため、息もしやすく快適です。もちろんメガネのくもりなども軽減します。

スチーム効果でのどに潤いを

[itemlink post_id="5481"]

このマスクの特徴は、ポケットにフィルターをいれることでのどが10時間潤い続けるところ。

また、香りもスッキリとしたハーブ&ユーカリです。

ガード力がありながら、通気性の良いフィルターのため、息もしやすく快適です。もちろんメガネのくもりなども軽減します。

スチーム効果でのどに潤いを

このマスクの特徴は、ポケットにフィルターをいれることでのどが10時間潤い続けるところ。

また、香りもスッキリとしたハーブ&ユーカリです。

部屋の空気が乾燥することで、のどの粘膜も乾き、ウイルスなどを排除する働きが低下すると言われています。

乾燥を防ぐためにも、潤いシートの付いたマスクで予防してみてはいかがでしょうか。

まとめ

新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザや風邪など冬場は特に感染しやすい季節です。もちろん、今回紹介した商品だけで100%予防できるわけではありませんが、日頃からできる予防でウイルスの脅威から体を守りましょう。

 

スポンサードリンク







-トレンドニュース

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.