トレンドニュース

新型のコロナウイルスの感染が世界で拡大、猛威を振るう

ムロ
どうも、ムロぽんです。
Twitterは(@hittky1114)です。

また新たに日本で感染者が

クリックすると新しいウィンドウで開きます

厚生労働省によりますと、新たに感染が確認されたのは、奈良県に住み、武漢への渡航歴が無い60代の日本人男性です。

男性はバスの運転手で、今月8日から11日と、12日から16日の2回にわたって、武漢からのツアー客をバスに乗せていました。

男性は今月14日に悪寒やせきなどの症状が出て、17日に奈良県内の医療機関を受診しましたが、検査で異常がみられずに経過観察となりました。

しかし、22日には関節痛があり、せきの症状も悪化し、25日に奈良県内の医療機関に入院していました。そして検査の結果、28日、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

日本国内で武漢への渡航歴がない人で感染が確認されたのは初めてで、日本人の感染が確認されたのも初めてです。厚生労働省は男性が国内で人から人にウイルスが感染した可能性が高いと見て調べています。

 

新型のコロナウイルスの感染が世界で拡大する中、中国の国家衛生当局は記者会見を開き、「状況は深刻で複雑だ」といった認識を示しました。

国家衛生当局などによりますと、中国本土での死者は56人、感染が確認された患者の数は2000人を超えています。

26日夜には旅行で日本を訪れた武漢に住む40代の男性が 新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。

国内では4人目の感染確認だそうで、世界に猛威を振るう新型コロナウイルス…

そんな中、 米NPR (アメリカ合衆国の非営利・公共のラジオネットワーク)は 新型コロナウイルスの宿主について言及 しました。

なんとその宿主を含んだ料理は中国では普通に食べられているものだったのです…

さっそく見ていきましょ

 

米NPR の言及

米NPR(アメリカ合衆国の非営利・公共のラジオネットワーク)は、新型コロナウイルスの宿主について言及している。

「新型コロナウイルスの宿主はコウモリである可能性があるが、コウモリと人間の間に未知の媒介物が存在するかもしれない。新型コロナウイルスとSARSウイルスはどちらも、フルーツコウモリに見つかるウイルス、HKU9-1が突然変異したものだ」

という「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」に掲載された中国人研究者のコメントを紹介しているのだ。

ちなみに、CNNは、コウモリと人間の間の媒介物としてヘビの可能性があるという研究を紹介、「コウモリからヘビに感染した新型コロナウイルスが人へと広がり、今回の流行を引き起こした可能性が高くなった」と報じている。

引用元 Yahoo!ニュース

なんと『コウモリ』が宿主ではないかと言われているそうです。

いやいやコウモリなんて食べないでしょと思ったのですが、中国では・・・

コウモリのスープ

閲覧注意です


コウモリは鶏肉のような食感で、味はレバーや焼き魚の血合い(黒い部分)のような少し血なまぐさい味がするそうです。

しかし、実はコウモリを食べるのは中国だけではありません。

私たちに馴染みのあるラオスやカンボジア、フィリピンなどのでもコウモリを食べるところもあります。他にもパラオやアフリカにもコウモリを食べる習慣があるそうです。

でもなぜ、他の国でも食べてられているのに、今回の新型コロナウィルスやSARSは中国から発生するのでしょうか

それにはとある理由がありました。

 

中国の劣悪な市場環境・・・

他の国は野生動物を狩猟して、鮮度の高いまま食す事が多いのですが、中国は市場に集められ劣悪な環境で保管されているそうです…

SARSも元々のウィルスはコウモリで、その糞からハクビシンを媒介として人間に感染したとも言われています。

今回の新型コロナウィルスの発生源は武漢の海鮮市場の可能性が高いと報道されています。

海鮮市場なら発生源は魚と思いましたが、この海鮮市場には食用の野生動物も売っているそうです。

海鮮類と野生動物が売っている市場は衛生状態ヤバそうな雰囲気しかないですね…

 

 

まとめ

 

コロナウイルスは一般的に、咳やくしゃみなどによる空気感染、感染者に触れたり感染者と握手したりすることによる接触感染、そしてウイルスのついた物を触って洗手せずに口や鼻、目を触ることによって起きる感染で広がると言われています。

しっかり対策をし免疫を高め、一人一人がしっかり行動しないといけませんね。

[itemlink post_id="5496"]

スポンサードリンク







-トレンドニュース

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.