トレンドニュース

【謎の自販機】何が出てくるかわからない!「謎」と書かれた自動販売機に1000円ブッこんでみた - Yahoo! JAPAN

自動販売機は日本人にとって特に珍しい存在でも何でもない。よくある街の風景のひとつと言えるだろう。だからこそ個性的な自販機は目立つ。有無を言わさず目に飛び込んでくるのだ。さて先日、街中で独特なオーラを放つ自販機に出会ってしまった。 - Yahoo! JAPAN
— 読み進める article.yahoo.co.jp/detail/9675bc058818a5d78845694fed15db653092b61f

お菓子だけじゃない

さて、800円使ってなんとなく謎の傾向がつかめたところで上の段を見ると……お菓子に混じってミニカーも売られていた。不安を覚える手書きの文字。そのお値段は……えっ、100円?

気になったのでさっそくポチってみると、出てきたのはマテル社のミニカー『ホットウィール』ッ!

これ定価でも100円じゃ買えないヤツーッッッ! しかも自販機から出てきた商品は販売終了したモデルだ。お前、今までずっとここに隠れていたのか⁉︎ 正直、手が震えた!

 

愛を感じた

さて思わず「謎」に釘付けになってしまったが、他の商品もスゴイ。価格を見てみると、何これ安ッッッ! たとえばペットボトル類は90円、缶も60円〜という破格のお値段なのだ。良心価格どころじゃない、まったくどんな菩薩が管理しているというのだろうか。

 

まとめ

遊び心がある、自販機は子供より大人のほうが楽しもうとする気持ちがありますね。

普通の自販機よりこっちのほうが儲かるのかもしれない。

スポンサードリンク







-トレンドニュース

Copyright© MURO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.